松宮一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつみや かずひこ
松宮 一彦
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都豊島区
生年月日 1953年12月11日
没年月日 (1999-09-27) 1999年9月27日(45歳没)
血液型 A
最終学歴 日本大学芸術学部放送学科
職歴 TBSアナウンサー
フリーアナウンサー
活動期間 1976年 - 1999年
ジャンル 情報、音楽番組、スポーツ
配偶者 なし(離婚歴有)
出演番組・活動
過去 ザ・ベストテン』追っかけマン
SURF&SNOW
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

松宮 一彦(まつみや かずひこ、1953年12月11日 - 1999年9月27日)は、日本アナウンサーである。

東京都豊島区出身[1]。血液型A型[2]。弟がいる[3]。祖父は旧財閥系の会長[4]。父親は資産家の[5]日本大学生産工学部名誉教授[4]身内には日本大学スキー部の功労者がいる。[要出典]

1976年4月にTBSに入社。テレビ『ザ・ベストテン』追っかけマンとして活躍し、「ポスト久米宏」といわれた。ラジオでは『SURF&SNOW』、『胸キュン通信―今週のアイドル』、『三菱RVクルージング どこかへいこうよ』等のパーソナリティーを担当。他にテレビ『JNNニュース22プライムタイム』『おはようクジラ』のスポーツキャスターも務めた。1998年6月にTBSを退社しフリーに転向。1999年9月に自宅マンションで首吊り自殺[1]

来歴・人物[編集]

大学まで[編集]

東京都豊島区目白生まれ[1]。生後すぐに北海道へ移住、小学校1年生の時に東京都に戻る[6]。性格は陽性だが、その一方で他人に弱みを見せることを極度に嫌っていたという[5]。中学生の時からアナウンサーになると決め[7]、子供の頃にディスクジョッキーコンテストで4位に入る。亀渕昭信斉藤安弘らが活躍した『オールナイトニッポン』など深夜放送ブームの頃に少年時代を過ごし、高校生の頃にはリクエストはがきをたくさん書いたほどで、後日ニッポン放送のアナウンサー試験の時に局の上の人に「あの松宮君」と覚えられていたほどだったという[7]

また自ら「明るい鉄道少年」[2]と公言する鉄道ファンでもあった。中学の卒業文集に「将来は鉄道公安官になりたい」と書いたほどだった[7]

高校ではスキー部に所属[7]

大学では『11PM』制作アシスタントを務める[8]

プロ野球読売ジャイアンツファン[7]。音楽は特に山下達郎の曲が好きで、『SURF&SNOW』の第1回放送のオープニングナンバーとして『SPARKLE』(アルバム『FOR YOU』収録)をかけたほどである[7]

獨協高等学校日本大学芸術学部放送学科[9]を卒業。

TBS時代[編集]

1976年4月TBSにアナウンサー16期生として入社(同期には生島博鈴木順高橋進[10][11]。TBSの他に、ニッポン放送にも内定していたが、「テレビの仕事もしてみたかった。僕は欲張りですから」(本人談)という理由で、テレビ・ラジオ兼営のTBS(現在は分社化している)に入社した[7]

主にラジオのディスクジョッキーのほか、テレビ『ザ・ベストテン』の追っかけマンとして人気を集めポピュラー音楽知識の豊富さと明るく軽妙な語り口が受けて注目を浴び、テレビ・ラジオの音楽畑を中心に活躍し[5]、TBSの看板アナウンサーに[12]、それを機にスター局アナの先駆者ともなる[5]。番組プロデューサーの山田修爾とは『ザ・ベストテン』以降も音楽番組のキャスティングの相談もしており、GLAYがまだ無名の頃から、「これは買いですよ」と松宮が言っていたという[13]。司会の黒柳徹子は松宮の事を「『ザ・ベストテン』の元祖“追っかけマン”として最初から最後まで活躍した功労者。仕事に生きがいを感じているというのが印象的でした。特番(豪華版)の時は100位から11位まで超スピードで読み上げるのが彼の仕事で、歯切れのいい元気のある発表はほれぼれするもの。真面目できちんとした折り目正しいアナウンサー、これが私の印象」と、『ザ・ベストテン』では黒柳と久米宏を陰で支えてくれた事も評価している[14][15]。器用さが買われてTBSのドラマにも出演したこともあり[5]1979年4月に同局で放送したバラエティドラマ『少女探偵スーパーW』では、追っかけマンを思わせるTVアナウンサーの役でレギュラー出演した。なお、幾度かの『ザ・ベストテン』の歴代司会退任の際、小島一慶と共に後任司会者の候補に再三あがるも、諸事情があって実現しなかった[7]

SURF&SNOW』では自らのことを「TBSアナウンス部のスーパーDJ」と称していた。番組放送期間中にラジオ局アナウンス部(1983年6月29日)[16]→ラジオ総局情報制作部アナウンス部(1988年7月26日)[17]→報道総局アナウンス部(1989年1月25日)[18]→アナウンスセンター(1991年5月30日[19]とTBSの組織改編があったため、「TBSアナウンスセンターの…」など一部の言い回しが異なるバージョンも存在する。一説には松下賢次が自らのことを「世界の松下」と呼ぶようになったのは、この発言に対抗意識を燃やしたためとも言われている。

スキーを嗜み、TBS入社後もアルペン種目競技大会に出場したり[14]、1994年には自身の名を冠したスキー大回転コンペを鹿沢高原で開催したり[3]、明るく快活なスポーツマンのイメージで人気を集めることとなる[14]。1990年頃の日本大学の入学案内書には、卒業生として登場し、学生時代の思い出や受験生へのメッセージと共に「競技スキーに出場、実況、解説をすべてできるアナウンサーは自分しかいない」という趣旨のコメントをしている。スキーの事故で1985年3月に靭帯を切って右足が不自由な状態になったり[20]、骨折することが多々あり、TBSの深夜ラジオ番組『コサキン』では、「スーパー・バキンボキンDJ(前述のニックネームより)」「コロビッチ・バキボキンスキー」「骨折りウォンバット」というありがたくない異名やキャッチフレーズを頂戴したことも。ただし、これはコサキンという番組のネタ傾向のひとつにある「笑える悪口」の類で、言葉のイメージほど松宮に悪意があったわけではない。また、コサキンこと小堺一機関根勤がTBSラジオで持った最初の番組が、松宮がDJだった『夜はともだち』の木曜日担当(松宮の『ザ・ベストテン』出演による代役)であり、二人と松宮の親交が深かったからこそ言えたネタだともいえる。 1998年長野冬季オリンピック大会では男子滑降競技(会場:長野県白馬村八方尾根スキー場)の会場実況アナウンスを担当した。

私生活では3度結婚したが[21]、1人目は1977年に番組で知り合った女性と1980年離婚。2人目は1981年にアシスタントと1983年離婚。3人目は1988年にラジオ局関係者と1995年離婚[14]と、いずれも子供には恵まれなかった[22]

1998年6月、管理職には向いていないと嫌って[12]TBSを退社[23]。後述のような女性関係の拗れが原因だとされている。また、管理職になり自分の希望する番組に出演する機会が減り、夜のスポットニュースを担当することが多くなった。松宮は相当にニュース読みは向いていないと感じており、「気分が悪くなる」と語っていた[24][25]

TBS退社後[編集]

1998年7月、「アナウンサーから他部門に異動させられる可能性があったため、プライドが許さなかった。」として、フリーに[5]。約30年来の友人で元恋人でもある女性が社長を務める広告代理店に所属しこの女性と共同経営者も務める[26]NACK5TOKYO FMで番組を持つ。前述の自称は、TBS退社後は単に「スーパーDJ」になった。

1998年9月5日、旅行先のハワイでこの女性を乗せて車の運転中にハンドル操作を誤って電柱に激突するという交通事故に遭遇[27][26]。女性は腰椎圧迫骨折、皮下神経断裂の重傷を負い、下半身に重い後遺症が残ったことから、補償問題でもめるなど表面上には不仲となった[27]。ただし、騒動後もこの女性の事務所に在籍し、一方で交際も続いた[14]

最期[編集]

1999年9月28日、東京都渋谷区富ヶ谷の自宅マンションの玄関ドアノブネクタイをかけて首を吊り縊死しているのを、当時交際中の女性が合鍵を使って松宮の自宅に入った際に発見された[5]。その女性は英会話学校の講師を務めていて松宮と知り合い、交際に発展したと報道された。死亡推定時刻は9月27日午後4時頃[28]

松宮の自殺は、芸能界にも衝撃が走った[5]久米宏は『ニュースステーション』内で「私の9年後輩でした」と語った上でニュースを紹介し、続いて渡辺真理が読み上げた[28]。TBSの朝の情報番組『エクスプレス』内の朝刊コーナーで、この記事を取り上げた際、松宮とラジオ番組で共演したことのあった、TBSの後輩アナでコーナー担当の長岡杏子(文献では若手アナウンサーと匿名で表記)は原稿を読み上げ、言葉にならないほど涙でかすれた[29]。通夜、葬儀は親族の意向により行わず、9月29日代々幡斎場にて火葬式で営まれた[14][5][3]。戒名は「放光院生誉一彦居士(ほうこういんせいよかずひここじ)」[3]菩提寺広島県[3]

今後の夢については、「僕はラジオのDJがしたいんです。2020年には1960年代から1990年代の音楽を語る番組をやりたいな」と話し、これが口癖にもなっていたという[13]

出演番組[編集]

TBS[編集]

テレビ
ラジオ

フリー[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

雑誌記事[編集]

座談会

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『現代物故者事典 1997〜1999』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2000年3月24日、551頁。ISBN 4-8169-1595-8。
  2. ^ a b c d e 松宮一彦”. TBS. 1998年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e “松宮アナ悲しみの火葬式”. スポーツニッポン: p. 25. (1999年9月30日) 
  4. ^ a b 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 95頁。
  5. ^ a b c d e f g h i “松宮一彦アナ首吊り自殺 4月から仕事なし 愛人騒動”. スポーツニッポン: pp. 24-25. (1999年9月29日) 
  6. ^ 堺正幸、松宮一彦、吉村光夫、日吉政和「新春座談会 花形アナウンサー大いに語る」、『運転協会誌』第28巻第1号、1986年1月、 11頁、 全国書誌番号:00050430。“生まれは東京なんですが、すぐ北海道へ行きまして、6歳、小学校1年生からまた東京なんです。”
  7. ^ a b c d e f g h 月刊ラジオパラダイス 1986年4月号 pp.44-46「松宮一彦インタビュー」
  8. ^ 「TBS紳士録 又は奇才怪才美女観音ユーモア傳 ラジオ本部アナウンス室の巻」、『TBS社報』NO.436、東京放送、1976年11月15日、 13頁。“松宮一彦。新人その四。一黒二赤で、ポールはマッカートニーと叫んで入社試験を突破した。TBSも粋な会社だ。よかったね。前歴、11PMの制作アシスタント。”
  9. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年、93頁。「出身校 日本大学芸術学部放送学科」と記述。
  10. ^ 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「生島 博<1976.1入社> 鈴木 順 高橋 進 松宮一彦」
  11. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、25-26頁。「76.4 <16期生>4人入社 生島 博…<1976.1.1入社> 鈴木 順 高橋 進 松宮 一彦」
  12. ^ a b “プレイバック芸能スキャンダル史 女性関係のこじれから自殺した 松宮一彦アナ”. 日刊ゲンダイ. (2013年1月15日). オリジナル2015年8月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150815160102/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/140478?print=true 2016年11月7日閲覧。 
  13. ^ a b 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 96頁。
  14. ^ a b c d e f g “松宮一彦さん 自殺のため死去”. 日刊スポーツ. (1999年9月29日). オリジナル2010年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100519032255/http://www.nikkansports.com/jinji/1999/seikyo990929.html 2015年5月17日閲覧。 
  15. ^ 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 94頁。
  16. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、28頁。「1983年6月29日 『組織変更』ラジオ局アナウンス室を『ラジオ局アナウンス部』とする。」
  17. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、30頁。「1988年7月26日 『大幅組織変更』ラジオ総局、報道総局を新設する。 『ラジオ総局情報制作部アナウンス部』とする。」
  18. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、30頁。「1988年7月26日 『組織変更』『報道総局アナウンス部』となる。」
  19. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、32頁。「1991年5月30日 『組織変更』:独立部局『アナウンスセンター』となる。」
  20. ^ 堺正幸、松宮一彦、吉村光夫、日吉政和「新春座談会 花形アナウンサー大いに語る」、『運転協会誌』第28巻第1号、1986年1月、 11頁、 全国書誌番号:00050430。“実は私事なんですけど、3月にスキーへ行ってじん帯を切って、まだちょっと右足が不自由な状態”
  21. ^ 「立ち直れるか!?「どん底生活」 松宮一彦 アナウンサー生命が絶体絶命!」、『週刊宝石』第33巻第12号、光文社、1999年6月3日、 181頁。
  22. ^ 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 100頁。
  23. ^ a b c d e f 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「松宮一彦[1998・6退社] R「ハローベストテン」「サーフ&スノウ」「サンデースーパーDJ」 TV「ザ・ベストテン」「日本縦断クイズ(1980)」「YAPPARIライブ!(1992)」」
  24. ^ 「この人のスケシュール表 松宮一彦」、『週刊文春』第40巻第28号、文芸春秋、1998年7月28日、 57頁。
  25. ^ 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 100-101頁。
  26. ^ a b 「松宮一彦 恋人の「病床告発」「狂言自殺」でアナウンサー生命が絶体絶命!」、『週刊宝石』第19巻第20号、光文社1999年6月3日、 181頁。
  27. ^ a b 「ワイド特集 引き裂かれた家族修羅 自殺した元TBSアナ「松宮一彦」と女の執念」、『週刊新潮』第45巻第1号、新潮社、2000年1月6日、 59頁、 ISSN 04887484
  28. ^ a b 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 93頁。
  29. ^ 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 102頁。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、26頁。「松宮 一彦…R「フレンドポップス60分(77)」「歌謡新人戦(79)」「佐良直美うたの街(80)」「マクセルサウンドストック(81)」「松宮一彦ハローベストテン(81)」「全国大追跡・ワイドだベストテン(81)」「夜はともだち〜松宮一彦・絶好調(81)」「三原順子ファンタジーロード(81)」「るんるんナイト ワオ!(82)」「サイエンスランド(83)」「週刊ファンハウス(84)」「ヒット・オン・サンデー(84)」「花の歌謡新人戦(84)」「スーパーワイド・ぴいぷる(85)」「サーフ&スノウ(85)」「胸キュン通信(86)」「サンデースーパーDJ(91)」「サンデーPOPタウン(92)」「ザ・ヒットパレード(93)(97)」「サンデースポーツ丸かじり(94)」「RVクルージング(94)」「サンデー・ミュージック・JAM(95)」「The Selection(96)」 TV「日本レコード大賞」「日本有線大賞」「ぎんざNOW(76)」「ザ・ベストテン(77)」「少女探偵・スーパーW(79)」「クイズ列車出発進行(79)」「夕やけロンチャン(80)」「日本縦断クイズ(80)」「アップルシティ500(82)」「人生ゲーム・ハイ&ロー(82)」「パソコントラベル(83)」「EXPOスクランブル(85)」「ロッテ歌のアルバムNOW(85)」「プライムタイム(88)」「キラリ・熱熱CLUB(89)」「アイラブバンド(90)」「YAPPARIライブ!(92)」「ポップテン(94)」「おはようクジラ<スポーツ>(96)」「アイドル王(97)」「ラジオTV(97)」 ☆93.2 「世界アルペンスキー」中継」

参考文献[編集]

  • 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年
  • 神山典士「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」、『現代』第33巻第12号、講談社、1999年12月、 92-102頁。
  • 『現代物故者事典 1997〜1999』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2000年3月24日。ISBN 4-8169-1595-8。
  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月