松尾俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松尾 俊介
出生名 松尾 俊介
生誕 (1979-11-23) 1979年11月23日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
ジャンル クラシック
職業 クラシックギタリスト
担当楽器 クラシックギター
活動期間 1995年 -
事務所 株式会社オカムラ&カンパニー
公式サイト shunsukematsuo.com

松尾 俊介(まつお しゅんすけ、1979年11月23日 - )は、日本ギタリスト

来歴・人物[編集]

  • 1979年京都府京都市に生まれる[1]
  • 1995年、スペインギターコンクール入賞。
  • 1997年、日本ギターコンクール・ギター音楽大賞。
  • 1998年、東京国際ギターコンクール入賞。
  • 1999年フランスに渡仏[1]
  • 2003年パリ国立高等音楽院ギター科を審査員満場一致の首席で卒業[1]
  • 2004年、同音楽院室内楽科を卒業。アントニー国際ギターコンクール3位入賞。日本に帰国[1]
  • 2005年、庄内国際ギターフェスティバルで第1位オスカー・ギリア賞受賞。古楽と現代音楽に焦点を当てたファーストアルバム 「ヴァリエ1」をリリース、11月にはトッパンホールにてデビューリサイタルを開催[1]。その後、HAKUJUギターフェスタ、美山ギターフェスティバル、NHK-FM名曲リサイタル、ベオグラード国際ギターアートフェスティバル(セルビア)、サラエボの冬(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、ヨンジュ国際ギターフェスティバル(韓国)、東京オペラシティB→C等に出演、ソロのみならず室内楽、 オーケストラとの共演や新作の初演など、国内外での多彩な演奏活動を展開。
  • 2008年、没後60年を迎えたメキシコの作曲家マヌエル・ポンセ作品集「Varie4/Ponce Guitar Works」を現代ギター社よリリース[1]。レコード芸術誌特選盤に選出。
  • 2013年、全ての編曲を自ら手がけたバッハ作品集「ギターが奏でるバッハの世界」をベルウッドレコードよりリリース[1]

ギターを渡部延男、福田進一、アルベルト・ポンセ、キャレル・アルムス、オリヴィエ・シャッサンに、古楽をエリック・ベロックに、室内楽をラスロ・ハダディ、上田晴子に師事。

地域創造・公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]


参加アルバム[編集]

  • 鈴木大介「キネマ楽園VI Baroque」
  • 丸山勉(ホルン)「Resonance」
  • 大萩康司「Nocturnal」
  • エグモント〜ベルト・アッペルモント作品集
  • 鈴木大介「キネマ楽園IV Fantasy of Nino Rota」
  • 鈴木大介「月の光/愛の歌 フランセ&ドビュッシー作品集」
  • 「千の風」の世界

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Profile”. 松尾俊介公式サイト. 2014年5月30日閲覧。