松山市考古館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 松山市考古館
松山市考古館の位置(松山市内)
松山市考古館
松山市考古館
松山市考古館の位置
松山市考古館の位置(愛媛県内)
松山市考古館
松山市考古館
松山市考古館の位置
松山市考古館の位置(日本内)
松山市考古館
松山市考古館
松山市考古館の位置
施設情報
専門分野 考古学
事業主体 松山市
管理運営 公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団
延床面積 2,998m2
開館 1989年10月31日
所在地 791-8032
愛媛県松山市南斎院町乙67番6号
位置 北緯33度50分23.28秒 東経132度44分6.922秒 / 北緯33.8398000度 東経132.73525611度 / 33.8398000; 132.73525611座標: 北緯33度50分23.28秒 東経132度44分6.922秒 / 北緯33.8398000度 東経132.73525611度 / 33.8398000; 132.73525611
公式サイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM

松山市考古館(まつやましこうこかん)は、愛媛県松山市にある考古学博物館

概要[編集]

1989年10月31日に開館した博物館。現在は、(公財)松山市文化・スポーツ振興財団が管理している。

施設[編集]

常設展示室では、「見る」「聞く」「触れる」「考える」をコンセプトとし、松山平野で出土した考古資料約8,200点を展示している。

松山市立埋蔵文化財センター[編集]

  • 1階 - エントランスホール、常設展示室、特別展示室、管理事務室、学芸研究室、鉄器・木器処理室、整理室、洗浄室など
  • 2階 - 講堂(視聴覚室)、調査研究室、スタジオ、写真管理室、図面資料室、収蔵庫、書庫など
  • 敷地面積5,441m2、建築面積1,708m2、総工費約10億2,300万円

松山市文化財情報館[編集]

  • 1階 - 公開準備室、歴史学習室、エントランスホール、事務所、整理室など
  • 2階 - 収蔵庫
  • 敷地面積9,142.36m2、建築面積437.42m2、総工費約1億5,281万円