松山昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松山 昇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府藤井寺市
生年月日 (1932-07-20) 1932年7月20日(86歳)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松山 昇(まつやま のぼる、1932年7月20日 - )は、大阪府藤井寺市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

興國商から1952年広島カープに入団[1]。 3月22日松竹ロビンス戦で初登板。1回に金山次郎綱島新八小鶴誠を三者連続三振に仕留めて、派手にデビューした[1]。しかし、成績は振るわず19試合を投げて1勝5敗、防御率5.24だった。2年目も未勝利に終わり苦しいピッチングが続いた。

3年目となった1954年1月フィリピン遠征のメンバーに名を連ねていたが、旅費不足が原因でメンバーから外れた[1]。前年オフに故郷で壮行会が催され、盛大に送り出してもらっていたため地元に帰るにも帰れず、一人で合宿場「向陽荘」に寝泊まりし、同僚の長谷部稔らと共に比治山で自主トレに励んだ[1]。その自主トレで制球力を鍛え、新たにシンカーを投げられるようになったことで松山は大きく変わった[1]。この年の開幕から6月までに9連勝を含む10勝をマーク[1]。その後も勝ち続け18勝をマーク[1]。エースだった長谷川良平大田垣喜夫とも肩を並べるほどの投手に成長した[1]

1955年も10勝をマークし、この年の4月14日中日ドラゴンズ戦ではノーヒットノーランまであと少しだったが、9回に1軍初出場だった代打の中利夫に投じた外角際どいシュートをセーフティーバントで安打にされ、惜しくも逃した[1]

1956年以降は肩、肘を相次いで故障したこともあり不調が続き、1958年に26歳で引退した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1952 広島 19 10 2 0 0 1 5 -- -- .167 251 54.2 69 3 17 -- 1 20 1 0 39 32 5.24 1.57
1953 5 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 66 14.2 20 1 5 -- 1 3 0 0 9 9 5.40 1.70
1954 39 34 18 3 4 18 13 -- -- .581 976 239.0 242 7 44 -- 2 58 2 0 97 80 3.01 1.20
1955 31 29 9 3 0 10 13 -- -- .435 617 140.2 158 11 51 5 2 33 1 0 71 62 3.96 1.49
1956 23 15 0 0 0 2 7 -- -- .222 324 71.2 86 9 25 2 1 16 2 0 46 33 4.13 1.55
1957 18 8 0 0 0 0 5 -- -- .000 162 38.2 48 3 11 0 3 6 0 0 18 18 4.15 1.53
1958 9 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 91 20.1 26 4 5 0 2 8 0 0 13 11 4.71 1.52
通算:7年 144 101 29 6 4 31 44 -- -- .413 2487 579.2 649 38 158 7 12 144 6 0 293 245 3.80 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 25 (1952年)
  • 42 (1953年)
  • 23 (1954年 - 1958年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P41

関連項目[編集]