松山東雲中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松山東雲中学・高等学校
松山東雲学園正門.JPG
過去の名称 松山女学校
松山東雲高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人松山東雲学園
校訓 高遠なる理想
敬虔なる信仰
真摯なる努力
清純なる愛情
私心なき奉仕
設立年月日 1886年(明治19年)9月16日
創立者 二宮邦次郎
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型(混合クラス)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
進学コース
学期 3学期制
高校コード 38507H
所在地 790-8541
愛媛県松山市大街道三丁目2番地24
北緯33度50分36.64秒 東経132度46分11.26秒 / 北緯33.8435111度 東経132.7697944度 / 33.8435111; 132.7697944座標: 北緯33度50分36.64秒 東経132度46分11.26秒 / 北緯33.8435111度 東経132.7697944度 / 33.8435111; 132.7697944
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
松山東雲中学校・高等学校の位置(愛媛県内)
松山東雲中学校・高等学校

松山東雲中学・高等学校(まつやましののめちゅうがく・こうとうがっこう)は、愛媛県松山市大街道三丁目に所在する私立女子中学校高等学校

愛媛県内に所在する中学校で唯一、男女別学である。

概要[編集]

四国で最初に設立された女子校であり、プロテスタント系のミッションスクールである。松山城の近隣にある学校として、正門は城郭風のデザインをしている(1928年築)。

本校は2016年度から愛媛県内の高校で唯一の男女別学となる。

沿革[編集]

  • 1886年 - キリスト教主義による私立松山女学校創立。(四国最初の女子校)
  • 1886年 - 創立1周年開校式で遠田ステが生徒代表で祝辞を読む。(小説『坊っちゃん』マドンナのモデル)
  • 1906年 - 米国伝道教会に経営が移る。
  • 1920年 - 現在地に移転。
  • 1926年 - 校歌制定。
  • 1932年 - 高等女学校令に基づき、松山東雲高等女学校に改まる。
  • 1947年 - 学制改革により、新制の松山東雲中学校を設置。
  • 1948年 - 松山東雲高等学校を設置。
  • 1986年 - 創立100周年。
  • 2000年 - 六ヵ年一貫校(併設型)に移行。

進路[編集]

系列の松山東雲女子大学松山東雲短期大学への推薦入学制度のほかに、キリスト教学校教育同盟による指定校推薦制度が存在する。

部活動[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]