松山省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松山 省三(まつやま しょうぞう(せいそう)、1884年9月8日 - 1970年2月2日)は洋画家カフェー・プランタンの経営者。

来歴・人物[編集]

広島県広島市出身。父・渡辺又三郎は広島藩主を務めた浅野氏の荒小姓で伊藤博文の弟子。維新後、代言人から政治家になり市議会議長、第8代広島市長を務めた[1][2][3]。省三は三男であった。

日本中学校を経て東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画撰科に入学、1907年卒業(卒業時は渡辺姓。その後、弁護士・松山広居に養子入り)。

リベラリストだった省三は政治家になることを嫌がり、画家になるべく家族を連れて1909年上京。妻・英子は当時妊娠7ヵ月で、上京直後に生まれた長男が後の歌舞伎役者河原崎国太郎である[4][5]。1909年11月に小山内薫が主宰した自由劇場の公演で、他の美術学校関係者とともに背景画を担当したという[6]。実父は広島市長在職中の1910年7月に病死した。

画業では白馬会の岡田三郎助に師事、院展などに出品した。パリに憧れ留学が夢だったが、義父が小豆相場に失敗して断念。親友の劇作家小山内薫に勧められ、美術学校時代の教授だった黒田清輝らに聞かされたパリの「カフェ」のような、文人や画家達が集い芸術談義をできる場所を作りたいと、平岡権八郎とともに1911年3月、京橋日吉町(現・銀座8丁目)に「カフェー・プランタン」を開業した。プランタンは仏語を意味し、親友小山内が命名した[7]

日本で初めて「カフェー」と名乗り、珈琲や洋酒、サンドイッチ、食事を揃えた。フランスのカフェの給仕は男性であるが、プランタンは女給仕、今でいうウェイトレスを置いて人気を得た。従来にない営業形態のため、当初は会費50銭で維持会員を募り会員制としていた。会員には森鴎外永井荷風[8]谷崎潤一郎岸田劉生岡本綺堂北原白秋島村抱月2代目市川左團次ら錚々たるメンバーが名を連ね大いに賑わった。店の壁は彼らの落書きで埋まり、店の名物になったという[9]

カフェー・プランタンは日本第1号のカフェとされ、松山は日本の「事始め」や「飲食文化史」に名前を残すこととなった(日本における喫茶店の歴史[10]

しかし、1923年9月の関東大震災で日吉町のプランタンは焼失。

震災後の一時期、牛込神楽坂に支店を出した。こちらの店は文化人や早大生に特に愛されたという[11]。またかつて大型客船でバーテンをしていたこの店の従業員が、船内用の英文18ページの麻雀手引書を持っていて、松山がこれに興味を持ち、二代目 市川猿之助に頼んで、市川が上海で買った一組の麻雀牌を店に持ち込んだ[7]。近くに住む広津和郎佐々木茂索松井潤子をカフェ2階に呼び、しどろもどろのルールでゲームを始めたのが、麻雀史に於ける日本麻雀の黎明期ープランタン時代の始まり[7]。その後、貿易商で麻雀通の林茂光(鈴木郭郎)が店に出入りするようになり、松山の牌と、この林の指導を受けた菊池寛濱尾四郎古川ロッパ久米正雄らが日本麻雀の基礎を創った[7]。この神楽坂プランタンは日本の「麻雀荘発祥の地」でもある[7]。神楽坂店は震災の翌年から約2年営業。

本店は銀座通りの南金六町に移転したが、1945年3月の建物疎開で取壊された。

第2次世界大戦後は、文春クラブ支配人を務めた。

1970年2月2日、85歳で死去。墓所は調布市明西寺にある。

長男は歌舞伎俳優の5代目河原崎國太郎。孫は俳優松山英太郎松山政路、女優の松山梨絵。曾孫は歌舞伎俳優の7代目嵐芳三郎6代目河原崎國太郎、女優の由夏、俳優の芦田昌太郎、女優の松山愛佳

脚注[編集]

  1. ^ 自著 『女形半世紀』 新日本出版社 1991年 34頁。(1889年9月-1890年10月議長、1909年9月-1910年7月市長)
  2. ^ 自著 『河原なでしこ』 理論社 1955年 23頁。
  3. ^ 『広島県大百科事典<下巻>』 中国新聞社 1982年 508頁。
  4. ^ 河原崎国太郎著 『河原なでしこ』 23頁。
  5. ^ 河原崎国太郎著 『演劇とは何か』 ポプラ社 1974年 10、11頁。
  6. ^ 河原崎国太郎『女形芸談』P257。
  7. ^ a b c d e 朝日新聞be』「ことばの旅人」2005年2月5日
  8. ^ 永井荷風|銀座紳士録|銀座カリー|株式会社 明治 2018年7月9日閲覧
  9. ^ カフェー・プランタンの様子は『女形半世紀』 新日本出版社 1991年等、河原崎國太郎(5代目)の多くの著書にも詳しい。
  10. ^ 日本で喫茶店が次々開店|AGF 2018年7月9日閲覧
  11. ^ 前掲『女形芸談』P272