松山親局送信所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松山親局送信所
送信所名 行道山送信所
城山送信所(NHK・RNBアナログ)
局名 松山放送局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送
FMラジオ放送
偏波面 水平偏波
送信塔 4塔
空中線形式
(凡例)
ST6段(NHK-AG)
SG8段4面(RNB-A、<NHK-AE・NHK-FM>)
6L3段4面(EBC-A、itv-A、eat-A)
2L2段4面(FM愛媛)
4L4段4面(EBC-D、<NHK-DG・NHK-DE・RNB-D>)
4L2列4段9面(itv-D・eat-D)
送信放送局 NHK松山放送局(テレビ・FM)
RNB南海放送(テレビ)
EBCテレビ愛媛
itvあいテレビ
eat愛媛朝日テレビ
エフエム愛媛
空中線電力 アナログUHF:10kW
アナログVHF:5kW
デジタル・FM:1kW
指向性 FMとeatを除くアナログ放送は無し
その他は全局に指向性あり
放送区域 愛媛県松前町の全域並びに松山市伊予市東温市大洲市今治市及び砥部町の各一部
受信世帯 約240,000世帯
開局 1957年5月29日
設置場所 愛媛県松山市及び伊予市
テンプレートを表示

松山親局送信所(まつやまおやきょくそうしんしょ)は、愛媛県松山市伊予市にあるテレビジョン放送とFMラジオ放送の親局送信所である。愛媛県を放送対象地域とするすべてのテレビ・FM放送の親局が位置し、送信場所はアナログVHF局・NHK-FMが松山市城山、その他デジタル放送などはすべて伊予市行道山に分かれている。

なお、本項では、2016年6月30日 にサービスを終了[1]した「マルチメディア放送」のジャパン・モバイルキャスティング中継局についても、併せて記述する。

放送区域[編集]

地上デジタル放送におけるこの送信所の電波法に定める放送区域(1mV/m)は愛媛県松前町の全域並びに松山市、伊予市、東温市大洲市今治市及び砥部町の各一部、約24万世帯である。愛媛県全世帯の43%をカバーしている。

愛媛県を放送対象地域とする放送局の親局であると同時に、松山市周辺に広がる松山平野とその島嶼部をカバーする愛媛県中部(中予地方)における基幹送信所である。

歴史[編集]

施設[編集]

城山送信所[編集]

城山のテレビ塔
  • 所在地:愛媛県松山市丸之内2番地1 地図

松山市中心部の城山から、VHF局のNHKとRNB南海放送のアナログ放送、NHK-FMが送信している。山頂の松山城天守閣付近は文化財に指定されており工事の許可が得られないため、城山東側の中腹で松山城ロープウェイ 長者ヶ平駅のそば、標高95.5mの地点に「NHK 松山TV放送局」として建設された[7]。2社とも局舎は単独で設置しているが、鉄塔は共同で使用している。鉄塔は松山城内にあるため景観に配慮して全体が緑色に塗装されている。

アンテナの配置は上段がNHKアナログ総合テレビ(スーパーターンスタイルアンテナ6段)、中段がRNBアナログ(スーパーゲインアンテナ8段4面)、下段がNHKアナログ教育テレビとNHK-FM共用アンテナ(スーパーゲインアンテナ8段4面)。

2011年7月24日にアナログテレビジョン放送は終了したが、城山の電波塔はNHK松山FMのみの送信となる。しかし行道山のデジタルテレビ送信アンテナの下部分にスペースが残されており、将来NHK松山FMの送信所もデジタル送信所のある行道山に移転する可能性も否めない。

行道山送信所[編集]

EBCアナデジ・FM愛媛[編集]

  • 所在地:愛媛県伊予市宮下字東谷末2262番地2 地図

EBCテレビ愛媛のアナログ・デジタル放送とエフエム愛媛が送信している。局舎・鉄塔は共同で使用し、アンテナは各社別に設置している。アンテナの配置は上段がEBCアナログ(6L双ループアンテナ3段4面)、下段がエフエム愛媛(2L双ループアンテナ2段4面)とスキュー配列のEBCデジタル(4L双ループアンテナ4段4面)である。

ITVアナデジ・eatアナデジ[編集]

ITV・eatテレビ送信所
  • 所在地:愛媛県伊予市宮下字ニノウネ2240番地1 地図

ITVあいテレビeat愛媛朝日テレビがアナログ放送とデジタル放送を送信している。局舎・鉄塔は共同で使用し、アンテナは各社別に設置している。アンテナの配置は上段がITVアナログ(6L双ループアンテナ3段4面)、中段がeatアナログ(6L双ループアンテナ3段4面)、下段がITV・eat共用の胴巻き状デジタルアンテナ(4L双ループアンテナ2列4段9面)である。

2社はもともとアナログ放送では局舎と鉄塔は共同で使用していたものの、アンテナは単独で使用していたが、デジタル化にあたり、既存アナログアンテナの下に2社共同で共用の胴巻き状デジタルアンテナを追加した。

NHKデジタル・RNBデジタル[編集]

送信所全景
  • 所在地:愛媛県伊予市上野2280番地27 地図

NHK松山放送局RNB南海放送がデジタルテレビを送信している。局舎はNHKとRNBは単独で使用しており、NHK局舎の屋上に2社共用の鉄塔が建てられている。アンテナはNHK総合・教育とRNB共用の4L双ループアンテナ4段4面である。また同じ敷地内にはRNBの無線中継所や既存のNHK行道山無線中継所(FPU基地局)の鉄塔も存在している。

この2社はアナログ放送ではVHF波を使用して城山送信所から送信していたため、デジタル化にあたりNHKの行道山無線中継所(FPU基地局)が置かれていた現在地にデジタルテレビ専用の送信施設を建設した。そのためもともとアナログ放送時代から行道山に送信所を設置していた既存UHF局である上記他社とは離れた場所に位置している。

アナログ放送が停波する2011年7月24日以降、城山送信所に残るのはNHK-FMの送信施設のみになるが、行道山のNHK・RNBデジタル送信所のアンテナの下には新たなアンテナを取り付ける余地が残っており、将来完全デジタル化以降にNHK-FMの送信所も行道山に移転する可能性がある。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

ID 放送局名 コールサイン 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK松山総合 JOZK-DTV 16ch 1kW 8.1kW 愛媛県 約24万世帯
2 NHK松山教育 JOZB-DTV 13ch 7.9kW 全国放送
4 RNB南海放送 JOAF-DTV 20ch 8.3kW 愛媛県
5 eat愛媛朝日テレビ JOEY-DTV 17ch 8.7kW
6 itvあいテレビ JOEH-DTV 21ch
8 EBCテレビ愛媛 JOEI-DTV 27ch 8.5kW
※全局局名は松山本局
※全局設置場所は行道山送信所
※全局に指向性あり

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

2011年7月24日24時の停波を以って全局廃局となった。
ch 放送局名 コールサイン 空中線電力 ERP 放送対象
地域
放送区域内
世帯数
設置場所
2 NHK松山教育 JOZB-TV 映像5kW/
音声1.25kW
映像32kW/音声8.1kW 全国放送 約16万世帯 城山
6- NHK松山総合 JOZK-TV 映像31kW/音声8kW 愛媛県
10- RNB南海放送 JOAF-TV 映像27kW/音声6.9kW
25+ eat愛媛朝日テレビ JOEY-TV 映像10kW/
音声2.5kW
映像100kW/音声25kW 約-世帯 行道山
29- ITVあいテレビ JOEH-TV
37- EBCテレビ愛媛 JOEI-TV 映像100kW/音声26kW
※全局局名は松山本局
※25chは指向性あり、その他は全局無指向性
※6ch、10ch、29ch、37chはオフセット-10kHz局※25chはオフセット+10kHz局

FMラジオ放送送信設備[編集]

周波数
(MHz)
放送局名 コールサイン 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 設置場所
79.7 エフエム愛媛 JOEU-FM 1kW 2.5kW 愛媛県 - 行道山
87.7 NHK松山FM放送 JOZK-FM 5.1kW 約16万世帯 城山
91.7 RNB南海放送 Fnam なし 1.35kW 26万8353世帯 行道山
※局名はエフエム愛媛とNHK松山は松山本局、RNB南海放送はRNB松山FM
※全局無指向性

マルチメディア放送送信設備[編集]

周波数
(MHz)
放送局名 空中線
電力
ERP 放送区域 放送区域
内世帯数
開局日 閉局日 設置場所
214.714286
(VHF11chに相当する周波数帯)
Jモバ
松山MMH
7.5kW 30kW 愛媛県及び広島県の各一部 37万0798世帯 2013年2月22日[8] 2016年6月30日 行道山

参考文献[編集]

関連項目[編集]

FMラジオ放送