松山駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松山駐屯地
所在地

愛媛県松山市須賀町5-36(旧 松山駐屯地)

愛媛県松山市南梅本町乙の115(小野駐屯地~現 松山駐屯地)
座標 北緯33度48分08秒 東経132度50分55秒 / 北緯33.80222度 東経132.84861度 / 33.80222; 132.84861座標: 北緯33度48分08秒 東経132度50分55秒 / 北緯33.80222度 東経132.84861度 / 33.80222; 132.84861
駐屯地司令 中部方面特科隊長
開設年

1950年、1955年廃止(旧 松山駐屯地)

1955年(現 松山駐屯地)
テンプレートを表示

松山駐屯地(まつやまちゅうとんち、JGSDF Camp Matuyama)は、愛媛県松山市南梅本町乙の115に所在し、中部方面特科隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。最寄の演習場は、小野演習場。駐屯地司令は、中部方面特科隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年)10月21日:松山駐屯地は手狭かつ老朽化していたため、旧陸軍歩兵第22連隊が使用していた演習場があった旧小野村(現在は松山市南梅本町)に小野駐屯地が新設[4]され第15普通科連隊第3大隊は移駐する。
  • 1960年(昭和35年)3月28日:第320地区施設隊が編成される。
  • 1961年(昭和36年)12月16日:第15普通科連隊第3大隊は善通寺駐屯地へ移駐し、同月20日には信太山駐屯地から第108教育大隊が移駐してくる。
  • 1967年(昭和42年)3月1日:1961年(昭和36年)の松山市と小野村の合併に伴い、松山駐屯地に改称され再びこの名称となる[5]
  • 1969年(昭和44年)7月31日:第108教育大隊が廃止され、翌8月1日に信太山駐屯地から第4陸曹教育隊が移駐してくる[3]
  • 1990年(平成2年)3月25日:第320地区施設隊が廃止される。
  • 1994年(平成6年)3月23日:第4陸曹教育隊は大久保駐屯地へ移駐し、同月29日には第2混成団特科大隊が日本原駐屯地から移駐してくる。
  • 2003年(平成15年)3月14日:自衛隊松山自動車教習所が廃止される。
  • 2006年(平成18年):第14旅団への改編に伴い、第2混成団特科大隊が廃止されこれを母体に、第14特科隊、第14高射特科中隊、特科直接支援小隊、高射特科直接支援小隊が新編される[3]
  • 2017年(平成29年)8月12日:北朝鮮の弾道ミサイル発射予告に伴い、迎撃用パトリオットミサイルPAC3が初展開する。
  • 2018年(平成30年)
  1. 中部方面特科隊を新編。
  2. 第15普通科連隊即応機動連隊改編に伴い第14特科隊を廃止・第14高射特科中隊を第14高射特科隊に改編。

駐屯部隊[編集]

第14旅団隷下部隊[編集]

中部方面総監隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]