松岡時敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

松岡 時敏(まつおか ときとし、1815年2月4日(文化11年12月26日)- 1877年明治10年)11月6日[1][2])は、幕末から明治期の土佐藩士、法制学者、文部官僚元老院議官。初名・敏[3]。字・欲訥[4]。号・毅軒、毅堂[4]。通称・七助[4]

経歴[編集]

土佐国高岡郡日下村(現日高村)で、土佐藩郷士・松岡甚吾の長男として生まれる[1][3]。その後、高知城下北奉公人町に転居[1]江戸に遊学し安積艮斎の指導を受ける[1][4]安政に入り吉田東洋に用いられ山内容堂の侍読となり、藩の法典『海南政典』と土佐藩史の編纂に従事し、『藩志内篇』を執筆した[1][4]

明治維新後、新政府に出仕し明治元年11月2日1868年12月15日)御雇・学校取調御用掛に就任[5]。以後、昌平学校掛、同校頭取心得、学校権判事、学校判事、大学大丞、大史・制度取調専務、文部大丞兼文部中教授、文部大丞などを歴任し[5]、学校制度の整備を担当[4]。明治5年4月30日1872年6月5日)左院に転じ中議官に就任。その後、二等議官となり、制度御用掛、職制章程等取調、国憲編纂掛、地方官会議御用掛を務めた[5]

1875年4月14日、左院が廃止され、同月25日に代って設置された元老院の議官に就任[5]。1877年11月に病のため在任中に死去した[5]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『三百藩家臣人名事典 6』 546頁。
  2. ^ 『明治維新人名辞典』 913頁では「11月5日」。
  3. ^ a b 『明治過去帳』新訂初版、111頁。
  4. ^ a b c d e f 『明治維新人名辞典』 913-914頁。
  5. ^ a b c d e 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』381-384頁。

参考文献[編集]

  • 大植四郎編 『明治過去帳』 東京美術、1971年新訂初版(1935年原著私家版)。
  • 日本歴史学会編 『明治維新人名辞典』 吉川弘文館、1981年。ISBN 4642031146
  • 家臣人名事典編纂委員会編 『三百藩家臣人名事典 6』 新人物往来社、1989年。
  • 我部政男、広瀬順晧編 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』 柏書房、1995年。ISBN 4760111662
  • 『高知県人名事典 新版』編集委員会編 『高知県人名事典 新版』 高知新聞社、1999年。ISBN 4875032854
  • 伊藤隆季武嘉也編 『近現代日本人物史料情報辞典 3』 吉川弘文館、2007年。ISBN 9784642014472

関連文献[編集]

  • 細川潤次郎 「故議官松岡君墓誌」(前掲 『新文詩別集 上野博覧会雑詠』)
    • 亀山聿三編 『近代先哲碑文集 第卅五』 夢硯堂、1973年10月
  • 「松岡毅軒」(寺石正路著 『南学史』 冨山房、1934年5月)