松岡松平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松岡 松平(まつおか まつへい、1904年明治37年)12月25日[1][2] - 1975年昭和50)3月1日[1])は、日本の政治家衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

富山県出身[1]。1924年中央大学法律科を卒業し[1][2]、弁護士となる[1]。戦後、公職追放となり[3]、追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙富山1区から立候補して当選し[4]、翌1953年の総選挙で落選した[4]1955年の総選挙で再選したが、1958年の総選挙で落選してから、5回連続落選した[4]1972年の総選挙で14年ぶりに国政に復帰[4]。国会内では商工委員長を務めた[1]。在職中の1975年に死去した。

この他、東亜特殊製鋼、平河ビルヂングの各社長[1]、東和産業会長[1]自由民主党国会対策副委員長、同宣伝局長などを歴任した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』596頁。
  2. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』571頁。
  3. ^ 公職追放の該当事項は「東和産業社長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、335頁。NDLJP:1276156 
  4. ^ a b c d 『朝日選挙大観』546頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年。