松岸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松岸駅
駅舎(2006年3月)
駅舎(2006年3月)
まつぎし
Matsugishi
所在地 千葉県銚子市長塚町五丁目1260-23
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 キシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
471人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1897年明治30年)6月1日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 総武本線
キロ程 117.3km(東京起点)
猿田 (5.5km)
(3.2km) 銚子
所属路線 成田線
キロ程 75.4km(佐倉起点)
椎柴 (4.4km)
(-km) (銚子)*
備考 業務委託駅
* 全列車が銚子駅まで乗り入れ。
テンプレートを表示
ホーム

松岸駅(まつぎしえき)は、千葉県銚子市長塚町五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

総武本線所属線としており[2]成田線を加えた2路線が乗り入れている。当駅は線路名称上での成田線の終点であるが、成田線の列車はすべて総武本線を通じて銚子駅まで乗り入れる。特急列車は当駅を通過するが、銚子駅までの重複乗車は認められていない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。ホームは嵩上げされていない。互いのホームは跨線橋で連絡している。単式ホームの北側に接して駅舎が建てられていて、内部には待合所や窓口がある。

改札口付近には精算所があるが、現在は使用されていない。

銚子駅管理のJR東日本ステーションサービスが駅業務を行う業務委託駅で、POS端末、自動券売機、簡易Suica改札機が設置されている。窓口の営業時間は9時20分から16時30分まで(中断あり)で、営業時間外は自動券売機の代わりに乗車駅証明書発行機を利用することとなる。

のりば[編集]

この駅は駅舎側のホームが3番線となっており、駅舎から一番遠いホームが1番線である。

番線 路線 方向 行先 備考
1 総武本線 上り 成東千葉方面[7]  
2 総武本線
成田線
下り 銚子行き[7] 一部の列車
3 成田線 上り 佐原成田・千葉方面[7]  
総武本線
成田線
下り 銚子行き[7] 通常はこのホーム

後述のように、2番線は総武本線の下り主本線、3番線は成田線の主本線となっているが、下り列車については乗客が跨線橋を渡らずに済むように、総武本線経由・成田線経由ともに3番線に発着するのを基本としている。2番線は特急列車の通過のほか、成田線上り列車との行き違いがある場合や、成田線経由下り列車が総武本線上り列車と接続する場合に使用される。

運転番線 営業番線 ホーム 銚子方面着発 成東方面着発 佐原方面着発 備考
1 1 8両分 到着可 出発可 出発可 総武本線上り主本線
2 2 8両分 出発可 到着可 到着可 総武本線下り主本線
3 3 8両分 到着・出発可 到着・出発可 到着・出発可 成田線上下主本線
  • 主本線を発着する場合は通過が可能。
  • 1番線の上り出発側、3番線の下り出発側に安全側線が設けられており、上下列車の同時進入が可能。安全側線が無い2番線は同時進入できない。

* 参考資料:「JR東日本全線【決定版】鉄道地図帳」 第4巻 「水戸・千葉支社管内編」 『学研』 2010年3月

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は471人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 611 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 625 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 617 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 616 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 630 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 641 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 633 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 596 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 566 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 532 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 501 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 471 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 460 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 470 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 481 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 497 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 502 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 471 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

銚子市の郊外にあたり、銚子駅付近から市街地が続いている。駅の北側は人家も多く、銚子ちぢみ伝統工芸館、千葉県立銚子商業高等学校海洋校舎(旧千葉県立銚子水産高等学校)、銚子市立海上小学校、銚子松岸郵便局、銚子市立第五中学校、自動車教習所などがあるが、南側は田園地帯となっている。

駅の北側に駅前広場が整備されており、タクシー会社や商店、食堂などがある。駅の北約200メートルのところを、国道356号利根水郷ライン)が東西に走っている。

  • 銚子松岸郵便局

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
松岸駅前 豊里ニュータウン線 椎柴駅豊里駅入口 豊里ニュータウン第4 千葉交通
銚子駅 陣屋町

その他[編集]

  • 猿田駅 - 当駅間、椎柴駅 - 当駅間は強風の影響を受けやすく、しばしば速度規制や運転中止になる。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武本線
猿田駅 - 松岸駅 - 銚子駅
成田線(当駅 - 銚子駅間は総武本線)
椎柴駅 - 松岸駅 - 銚子駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、5-23頁。

関連項目[編集]