松島火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Crystal energy.svg 松島火力発電所
松島火力発電所
電源開発株式会社松島火力発電所の遠景
種類 火力発電所
電気事業者 電源開発
所在地 日本の旗 日本
長崎県西海市大瀬戸町松島内郷2573-3
北緯33度21分19.1秒 東経129度41分29.5秒 / 北緯33.355306度 東経129.691528度 / 33.355306; 129.691528座標: 北緯33度21分19.1秒 東経129度41分29.5秒 / 北緯33.355306度 東経129.691528度 / 33.355306; 129.691528
1号機
発電方式 汽力発電
出力 50万 kW
燃料 石炭
熱効率 42%(LHV)
営業運転開始日 1981年1月16日
2号機
発電方式 汽力発電
出力 50万 kW
燃料 石炭
熱効率 42%(LHV)
営業運転開始日 1981年6月19日
公式サイト:松島火力発電所
テンプレートを表示

松島火力発電所(まつしまかりょくはつでんしょ)は、長崎県西海市大瀬戸町松島内郷2573-3にある電源開発石炭火力発電所

概要[編集]

1981年1月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。日本初の輸入炭を利用した発電所である。ただし、国内炭(釧路コールマインなどで採掘された石炭)も使用されている。2001年までは池島の石炭も利用されていた。 発電された電力は九州電力(受電37.4万kW)・中国電力(受電46.8万kW)・四国電力(受電7万kW)に供給している。

1号機は、石炭火力としては日本で初めて主蒸気温度、主蒸気圧力を超臨界圧まで高めたボイラー蒸気タービンを採用した。

発電設備[編集]

  • 総出力:100万kW[1]
1号機
定格出力:50万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超臨界圧Super Critical)
熱効率:42%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1981年(昭和56年)1月16日
2号機
定格出力:50万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超臨界圧(SC)
熱効率:42%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1981年(昭和56年)6月19日

アクセス[編集]

  • 松島港(釜浦桟橋)から車で約5分。松島までは瀬戸港(大瀬戸町)からフェリーで約10分。佐世保港からの高速船もある。

出典[編集]

関連項目[編集]