松川 (飯田市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松川
Matsukawa river in Kanae bridge ac (1).jpg
飯田市中心部の南側を流れる松川
水系 一級水系 天竜川
種別 一級河川
水源 木曽山脈
河口・合流先 天竜川
流域 日本の旗 日本
長野県飯田市
テンプレートを表示

松川(まつかわ)は、長野県飯田市を流れる天竜川水系河川

地理[編集]

梅雨で増水した松川上流部

長野県飯田市木曽山脈南部の念丈岳安平路山の一帯に源流がある[1]。上流部では北から南へ流れ、風越山の西側で進路を南東に変える。1965年の水害では、上流にあった松川入の集落で家屋や桑園などに被害が出た。

松川ダムを過ぎると、風越公園の南側を流れる。松川ダムの下流は風越峡と呼ばれ、ツツジの名所として知られる。松川ダムは洪水防止、灌漑、飲料水の取水、水力発電など多目的に利用されるダムである。発電所としては松川ダムのやや上流に松川第三発電所(1924年運用開始)が、松川ダムのやや下流に松川第四発電所(1930年運用開始)があり、いずれも中部電力が管理している。

松川と愛宕稲荷神社の社叢

松川を越えるためにJR飯田線は上流側に大きく迂回しており、松川を越える橋梁のする南側には切石駅がある。中世においては伊那郡郡戸荘伊賀良荘の境を成し、飯田市街地の南方では、旧飯田市と下伊那郡鼎町の自治体境界だった。飯田城本丸があった丘の南側を東へ流れ、旧飯田市と下伊那郡上郷町の自治体境界だった野底川を集めた後、天竜川の本流に合流する。

流域の自治体[編集]

長野県
飯田市

脚注[編集]

  1. ^ 「まつかわ 松川」『長野県百科事典』信濃毎日新聞社、1975年、p.734

関連項目[編集]