松平乗利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平乗利
時代 江戸時代後期
生誕 文化8年3月18日1811年5月10日
死没 嘉永7年8月27日1854年10月18日
改名 左七郎(幼名)→乗利
戒名 諦覚院
墓所 東京都港区赤坂の浄土寺
愛知県岡崎市奥殿町雑谷下10の奥殿陣屋
官位 従五位下石見守
幕府 江戸幕府大坂加番
主君 徳川家斉家慶
三河奥殿藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平乗羨、母:池田政恭養女
兄弟 乗利、媛、吉田某室
正室:松平乗全
乗謨、窈子

松平 乗利(まつだいら のりとし)は、江戸時代後期の大名三河国奥殿藩7代藩主。奥殿藩大給松平家9代。官位従五位下石見守

生涯[編集]

文化8年(1811年)3月18日、6代藩主・松平乗羨の長男として江戸で誕生。文政10年(1827年)10月16日、父の死去により家督を継ぐ。文政11年(1828年)10月1日、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下・石見守に叙位・任官する。幕命により日光祭祀奉行・大坂加番江戸城御門番役などを歴任した。

藩政では文武を奨励し、藩校明徳館を設立する。また藩財政の悪化で5ヵ年にわたる倹約令などを出したが効果は無く、天保7年(1836年)9月に三河加茂郡を中心とした加茂一揆が起こっている。しかし天保の大飢饉では万全の備蓄体制を施していたことにより、餓死者を出さなかった。

嘉永5年(1852年)3月5日に隠居する。家督は3月7日に長男・乗謨が継いだ。嘉永7年(1854年)8月27日に死去する。享年44。

一説には乗利は傀儡の藩主であり、実際の藩政は一族の永井尚志によって行なわれていたとされている。

系譜[編集]