松平信圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

松平 信圭(まつだいら のぶかど、安永5年(1776年) - 文政3年2月20日1820年4月2日))は、駿河小島藩の第6代藩主。小島藩滝脇松平家6代。

第5代藩主・松平信義の長男。母は松平昌信の娘。正室は大岡忠喜の娘、継室は板倉佑勝の娘。子は松平信友(長男)、土井昌成(次男)、松平信厚(三男)、松平忠告(四男)、娘(渡辺隆正室)。官位は従五位下、安房守。幼名は寛之進。

寛政12年(1800年7月20日、父の隠居により家督を継いだ。書に優れた人物で、多くの作品を残している。

文化12年(1815年10月6日、長男の信友に家督を譲って隠居した。文政3年(1820年)に45歳で死去。墓所は東京都台東区下谷の英信寺。