松平信定 (大河内松平家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平信定
時代 江戸時代中期
生誕 寛永4年11月15日1627年12月22日
死没 享保元年12月8日1717年1月20日
別名 直綱、伊勢守入道
戒名 勇猛院高山鉄心
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 伊勢
幕府 江戸幕府
氏族 大河内松平家
父母 父:松平信綱
兄弟 輝綱吉綱信定信興堅綱
土井利隆室、秋元忠朝室、松浦棟
正室:土屋利直の娘
斐章信望輝規九鬼隆直松平信応
娘(米津政容室)

松平 信定(まつだいら のぶさだ)は、江戸時代中期の旗本寄合松平信綱の四男。柳生新陰流の使い手。常陸国新治郡5000石の領主。

慶安3年(1650年10月8日に上総・久留里藩主・土屋利直の娘を室に迎える。元禄10年(1697年12月5日に隠居し、四男の信望に家督を譲る。享保元年(1716年)12月8日に死去。享年90。