松平信直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平信直
時代 江戸時代中期
生誕 享保17年(1732年
死没 天明6年10月10日1786年10月31日
改名 豊五郎(幼名)→信直→双峰(法号)
戒名 寛誉双峰霊徳院
墓所 京都府亀岡市北古世町の光忠寺
官位 従五位下佐渡守紀伊守主計頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
丹波亀山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平庸倫、養父:松平信岑
兄弟 信直、庸孝
養兄弟:中山政信正室本多忠弘正室
正室:松平光雄
信道、信愛、戸田光弘、巨勢利和
牧野成傑、直温、彦坂重教、直義、
貞幹、松平勝全正室、溝口直舊正室、
太田資承正室

松平 信直(まつだいら のぶなお)は、江戸時代中期の大名丹波国亀山藩2代藩主。丹波亀山藩形原松平家7代。官位従五位下佐渡守紀伊守主計頭

略歴[編集]

享保17年(1732年)、初代藩主(当時は丹波篠山藩主)・松平信岑の弟・松平庸倫の長男として誕生(生年は享保20年(1735年)2月18日とも言われている)。

寛延2年(1749年)、伯父・信岑の養子となり、宝暦13年(1763年)の信岑の死去により家督を継いだ。宝暦14年(1764年)1月、従五位下・紀伊守に叙任される。

天明元年(1781年)閏5月27日、長男・信道に家督を譲って隠居し、主計頭を遷任する。後に双峰と号した。

天明6年(1786年)10月10日に死去した。享年55。

系譜[編集]

  • 父:松平庸倫
  • 母:不詳
  • 養父:松平信岑
  • 正室:松平光雄
  • 生母不明の子女
    • 次男:松平信愛
    • 三男:戸田光弘
    • 男子:巨勢利和 - 巨勢至親の養子
    • 五男:牧野成傑 - 牧野資成の婿養子
    • 男子:松平直温
    • 七男:彦坂重教
    • 男子:松平直義
    • 九男:松平貞幹
    • 女子:松平勝全正室
    • 女子:溝口直舊正室
    • 女子:太田資承正室