松平信順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平信順
時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年6月7日1793年7月14日
死没 天保15年3月2日1844年4月19日
改名 長次郎(幼名)→信順
戒名 承天院殿乾道元性大居士
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 従五位下駿河守伊豆守従四位下侍従刑部大輔
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行大坂城代京都所司代老中
主君 徳川家斉家慶
三河吉田藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平信明、母:久須美氏娘・千枝
兄弟 某、信順、篤之助、泉吉郎、本庄道貫、信厚、津軽順承、某、深井信恭、某、松平忠質内藤忠行大森頼実阿部正瞭、孝、雅、栄、従、錦、厚、睦、庸
正室:牧野忠精娘・錬姫
継室:加納久周娘・延姫
金子氏娘・綾瀬
信宝、章次郎、某、徽、令、綜、貞、愛

松平 信順(まつだいら のぶより)は、江戸時代後期の大名三河国吉田藩4代藩主。松平伊豆守大河内松平家8代。官位従四位下侍従刑部大輔

生涯[編集]

寛政5年(1793年)、松平信明の次男として江戸西丸下屋敷で生まれる。寛政9年(1797年)10月25日に嫡子となり、信順と名乗る。享和3年(1803年)9月22日、将軍家斉・世子家慶御目見する。文化2年(1805年)12月16日、従五位下駿河守に叙任される。

文化14年(1817年)8月に父が病死し、10月16日に家督を相続する。同21日に伊豆守と改める。襲封直後には、国元の家臣に対して文武出精・質素節倹などを指示する「御直書」を発している。文政元年(1818年)8月24日、奏者番に就任する。文政8年(1825年)5月6日、寺社奉行に就任する。天保2年(1831年)5月25日に大坂城代に就任し、従四位下に叙される。天保5年(1834年)4月11日に京都所司代となり、侍従に任じられる。天保8年(1837年)2月に大坂大塩平八郎の乱が発生すると京都市中の警備を強め、朝廷への事件の報告や江戸・大坂間の連絡確保などに当った。その後江戸に召しだされて5月16日に老中に就任するが、8月6日に病を理由に辞任する。僅か3か月で老中を辞任したのは、同役の水野忠邦と意見が合わなかったためとも言われている。天保13年(1842年)12月13日に隠居して刑部大輔と改め、家督は嫡子の信宝が相続した。天保15年(1844年)に小名木川屋敷で死去。享年52。

人物[編集]

学問を重んじ、父が招聘した大田錦城儒学を学んだ。吉田へ帰国した際には錦城を伴い藩校時習館で講義させ、自らも聴講した。また中山美石に国学を学び、後に本居大平の門人となった。和歌にも通じており、本居春庭の和歌を集めた『春庭歌集』を編集したほか、信順自身が詠んだ和歌も多数残されている。

京都所司代を務めていた際、天保の大飢饉による窮状においては、京都に救恤小屋を設けて、粥などを民衆に与えた。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『豊橋市史』第2巻・第6巻