松平康員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
松平康員
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝7年(1679年
死没 正徳3年3月22日1713年4月16日
改名 仙次郎、源之助(幼名)→康員
別名 康倫、康博
戒名 泰巌院殿安誉知性春道大居士
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
埼玉県川越市小仙波町の光西寺
官位 従五位下、采女正、和泉守、
備中守、周防守、伊勢
幕府 江戸幕府
石見浜田藩
氏族 松井松平家
父母 父:松平康宦、母:阿部正能の娘
兄弟 康員康房
正室:久世重之の娘
養子:康房康豊

松平 康員(まつだいら やすかず)は、石見浜田藩の第3代藩主。松井松平家4代。

生涯[編集]

延宝7年(1679年)、第2代藩主・松平康宦の長男として生まれる。元禄6年(1693年)12月18日、従五位下・采女正に叙位・任官する。元禄8年(1695年)1月22日に和泉守に遷任し、元禄13年(1700年)に備中守に遷任する。宝永2年(1705年)1月27日、父の隠居家督を継ぎ、4月1日に周防守に遷任する。

宝永6年(1709年)9月18日、家督を養子の康豊に譲って隠居し、伊勢守に遷任する。正徳3年(1713年)3月22日、江戸で死去した。享年35。