松平康圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
松平康圭
時代 江戸時代後期
生誕 文政4年10月22日1821年11月16日
死没 文久2年8月22日1862年9月15日
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
官位 従五位下左近将監周防守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂
陸奥棚倉藩
氏族 松井松平家
父母 松平康任松平康定
兄弟 康寿康爵康圭、達、聡子、知姫、
簾子、愛姫、小出英発正室
内藤政優養女
康泰、鈴子
テンプレートを表示

松平 康圭(まつだいら やすかど)は、江戸時代後期の大名陸奥国棚倉藩2代藩主。官位従五位下左近将監周防守松井松平家10代。

略歴[編集]

文政4年(1821年)、石見国浜田藩主・松平康任の三男として誕生。康任は天保6年(1835年)に隠居させられ、跡を継いだ康圭の同母兄・康爵は翌年に棚倉へ移封となっている。嘉永4年12月28日(1852年)、康圭は康爵の養子となる。嘉永6年12月23日(1854年)、13代将軍・徳川家定に拝謁する。同年12月28日、従五位下左近将監に叙任する。嘉永7年(1854年)9月16日、康爵の隠居に伴い家督を継ぐ。藩政においては、文化事業に尽力している。

文久2年(1862年)8月22日に死去した。享年42。跡を長男・康泰が継いだ。

系譜[編集]