松平忠倶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平忠倶
時代 江戸時代前期
生誕 寛永11年(1634年
死没 元禄9年5月26日1696年6月25日
改名 万之助(幼名)→忠倶
戒名 然誉浄梵道恵深正院
墓所 長野県飯山市奈良沢の忠恩寺
官位 従五位下遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
遠江掛川藩主→信濃飯山藩
氏族 桜井松平家
父母 父:松平忠重、母:木下延俊
兄弟 忠倶織田信勝正室
正室:松平定行養女
忠継、田中主殿室
養子:覚応院喜連川昭氏
田中定賢室忠敏
継承者:忠喬

松平 忠倶(まつだいら ただとも)は、江戸時代前期の大名遠江国掛川藩2代藩主、後に信濃国飯山藩初代藩主。尼崎藩桜井松平家3代。官位従五位下遠江守

略歴[編集]

寛永11年(1634年)、掛川藩主・松平忠重の長男として誕生。寛永16年(1639年)に父が死去したため家督を継いだ。そして直後に幕府から信濃飯山に移封を命じられた。正保3年(1646年)12月、従五位下・遠江守に叙位・任官する。

藩政においては野田喜左衛門を登用して千曲川の治水工事を行い、殖産興業や浪人の取締り強化、寺社政策、検地などを積極的に行って飯山藩の基礎を固めた。万治元年(1658年)から大坂加番に任じられ、その後も要職を歴任した。元禄8年(1695年)3月に4回目の大坂加番に任じられて任地に赴いたが病に倒れ、元禄9年(1696年)5月26日に大坂で病死した。享年63。

子・忠継は病弱だったため廃嫡し、忠継の長男である忠敏を後継者に指名していたが、その忠敏も早世したため、忠敏の弟・忠喬が跡を継いだ。

系譜[編集]