松平忠和 (桑名藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平忠和
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦9年8月27日1759年10月17日
死没 享和2年5月10日1802年6月9日
改名 唯之進(幼名)→頼徳(初名)→忠和
別名 無擬居士、鳳翔閣主人、梅花堂主人、瞻寧斎(号)
戒名 遊心院殿無擬了空大居士
墓所 東京都台東区谷中天眼寺
官位 従五位下、下総守、従四位
幕府 江戸幕府
伊勢桑名藩
氏族 紀州徳川家奥平松平家
父母 父:徳川宗将、母:植田サヨ
養父:松平忠功
兄弟 直松、徳川重倫、門之進、内藤学文、頼興、
頼謙忠功三浦為脩忠和安藤道紀阿部正由
正室:なし
側室:伴氏、安田氏
養子:忠翼

松平 忠和(まつだいら ただとも)は、伊勢桑名藩の第5代藩主。奥平松平家第7代当主。文化人として優れており、著書に『空華集』『遊心公遺文』『瞻寧斎詩稿』『恵礼幾天留記』などがある。

生涯[編集]

宝暦9年(1759年)8月27日、紀州藩の第7代藩主・徳川宗将の九男として江戸赤坂の紀州藩邸で生まれる。幼少時から部屋住みの身分であったが、この時期に松平定信と交遊しており、定信は忠和の力量を見抜き、後に自著で「英雄なり。学問も広く給ひ、天文暦学は殊に勝れてぞ聞ゆれ」と記している。

異母兄である桑名藩主松平忠功に実子がなかったため、寛政5年(1793年)9月2日に養子となり、11月28日に忠功が病気を理由に隠居したため、家督を継いだ。藩政では定信の寛政の改革に倣って、寛政7年(1795年)11月に家臣の半知借上を行い藩財政再建を目指し、中沢道二らを招聘して学問を奨励している。寛政12年(1800年)には藩法を制定して綱紀の粛正を図った。

享和2年(1802年)5月10日、死去した。享年44(満42歳没)。実子は早世していたため、跡を養子の忠翼が継いだ。