松平忠敏 (飯山藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

松平 忠敏(まつだいら ただとし、寛文12年(1672年) - 元禄8年12月7日1696年1月11日))は、信濃飯山藩の世嗣。

飯山藩世嗣で廃嫡された松平忠継の長男。母は本多康将の娘。正室は宗義真の娘。通称、内膳。

貞享2年(1685年徳川綱吉に拝謁した。元禄7年(1694年)に父・忠継が廃嫡されると奥詰となり、翌元禄8年(1695年)には祖父・松平忠倶の嫡子となるが間もなく早世した。代わって、弟の忠喬が嫡子となった。