松平忠暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平忠暁
時代 江戸時代中期
生誕 元禄4年(1691年
死没 享保21年2月14日1736年3月25日
墓所 東京都墨田区向島の弘福寺
官位 従五位下玄蕃頭
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行
主君 徳川吉宗
陸奥桑折藩
氏族 大給松平家奥平松平家
父母 父:松平乗春
母:奥平昌能次女・くら姫
養父:松平忠尚
兄弟 乗邑、乗住、乗興、忠暁
養兄弟:忠泰乗良法雲院
正室:黒田直邦
忠衙忠恒毛利高能正室[1]
稲垣定計正室、高木正恒正室

松平 忠暁(まつだいら ただあきら)は、江戸時代中期の大名陸奥国桑折藩2代藩主。忠尚系奥平松平家2代。官位従五位下玄蕃頭

生涯[編集]

元禄4年(1691年)、肥前国唐津藩主・松平乗春の五男として誕生。正徳2年(1712年)12月、伯父・松平忠尚の養子となる。享保4年(1719年)11月2日に忠尚が隠居したため、その跡を継いだ。享保9年(1724年)3月に奏者番となり、享保17年(1732年)8月に寺社奉行になるなど、享保の改革期の幕政に参与している。

享保21年(1736年)2月14日に死去した。享年46。跡を次男の忠恒が継いだ。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ のち堀田正賓正室