松平忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平忠良
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 寛永元年5月18日1624年7月3日
戒名 嘯月院殿江安宗吸大居士
墓所 東京都北区西が丘の大松寺
官位 従五位下甲斐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
下総関宿藩主→美濃大垣藩
氏族 久松松平家
父母 父:松平康元
兄弟 忠良、政良、康久、宣助、洞仙院、
流光院、満天姫、久松院、
大須賀忠政正室、浄明院
正室:酒井家次
吉良義弥
忠利梅渓院憲良康尚
金田房能室、久姫、佐久間勝友正室、
土屋某室

松平 忠良(まつだいら ただよし)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名下総国関宿藩2代藩主、のち美濃国大垣藩主。官位従五位下甲斐守

略歴[編集]

松平康元の長男として三河国に誕生。

父と同じく伯父の徳川家康に仕え、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康軍に従軍した。慶長8年(1603年)、父の死により家督と所領を受け継ぐ。慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で戦功を挙げたことから、その翌年に下総国関宿4万石から美濃大垣5万石へ加増移封された。

寛永元年(1624年)5月18日、43歳で死去した。家督は庶子である長男の忠利ではなく、嫡出子の次男憲良が継いだ。

系譜[編集]

出典[編集]