松平正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平 正義
時代 江戸時代後期
生誕 文化3年(1806年
死没 天保8年7月11日1837年8月11日
改名 与之助(幼名)→正義
官位 従五位下、備前守、備中
幕府 江戸幕府
上総大多喜藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平正路、養父:松平正敬
兄弟 正敬正義
正室:松平頼慎の五女)
継室:本多忠升の長女)
正晴(長男)、娘(建部政和正室)
養子:正和

松平 正義(まつだいら まさよし)は、江戸時代後期の大名上総大多喜藩の第7代藩主。大河内松平宗家9代。

生涯[編集]

文化3年(1806年)、第5代藩主松平正路の四男として生まれる。文政9年(1826年)9月27日、兄で第6代藩主正敬の隠居により、その養子となって家督を継いだ。同年12月16日に叙任する。正義は学問を奨励し、大多喜城三の丸に望庵堂という学問所を創設し、藩士子弟の教育化に務めた。これは後に藩校・明善堂となる。

天保8年(1837年)7月11日に死去した。享年32。跡を養子の正和(先代・正敬の長男)が継いだ。

曾孫にジャーナリストで『週刊埼玉』社長の亀井トムがいる。