松平直諒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
松平直諒の墓(安来市広瀬町・城安寺)

松平 直諒(まつだいら なおあき(なおよし)、文化14年10月5日1817年11月13日) - 文久元年9月5日1861年10月8日)?)は、出雲広瀬藩の第9代藩主。直政系越前松平家広瀬藩分家9代。

第8代藩主・松平直寛の長男。母は内藤政韶の娘。正室は尾張支流松平義和の娘・宣姫。継室は青山忠良の娘・銑姫。子は娘(大橋某室)、娘(松平定法室)。官位は従五位下、佐渡守。幼名は大助。号に沾嶺(俳号)、玉峯(画号)、浩斎(書号)。

有能で、俳諧・絵画・書道を嗜むなど多趣味な人物で、歴代藩主のほとんどが江戸定府していたのに対して、直諒は嘉永3年(1850年)に父が死去して家督を継ぐと、ただちに国元に入って製糸業や製油業、和紙、鋳物、陶器、織物(広瀬絣)等の産業奨励、文化の奨励などを行い、領民に善政を敷いた名君であった。このため、領民も直諒を暖かく出迎えたという。文久元年(1861年)9月5日(異説として7月19日)に広瀬にて死去した。享年45。跡を弟の直巳が継いだ。

直諒の文化政策の遺構は、現在においても広瀬町に現存している。ちなみに直諒だけが歴代で唯一、広瀬町に墓所が存在する。