松平親忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平親忠
時代 室町時代中期 - 戦国時代
生誕 永享3年(1431年)または永享10年(1438年
死没 文亀元年8月10日1501年9月22日
改名 竹千代(幼名、竹若丸とも)→親忠→西忠(法号)
別名 次郎三郎、三郎(通称)、右京大夫
戒名 松安院殿太胤西忠大居士
墓所 愛知県岡崎市鴨田町大樹寺
官位 従五位下左京亮
氏族 松平氏
父母 父:松平信光
母:真浄院殿(一色満範あるいは一色宗義[1])の娘?
兄弟 守家、昌龍、親忠与副光重、光英、忠景、光親、家勝、親正、親則、
戸田宗光
正室:鈴木重勝娘・閑照院殿
親長乗元長親、親房、
張忠存牛、親光、長家、乗清

松平 親忠(まつだいら ちかただ)は、室町時代中期から戦国時代にかけての武将松平信光の三男。母は一説によると一色氏松平氏4代当主。

生涯[編集]

大樹寺内にある松平八代墓の親忠の墓

初め額田郡鴨田郷(現岡崎市鴨田町)を根拠地としていたが、長享2年(1488年)か長享3年(1489年)頃に、父が死去したために家督を継ぎ、安祥城主・安祥松平家初代となる[2]。しかし、間もなく出家して西忠と号した。親忠自身の治績はあまり知られておらず、三男なのに本当に家督を継いだのかどうか、一部では疑問視されている。

三河物語』では、父の信光は長男(名は記載なし)に惣領を譲ったとあり、親忠は分家的な存在に過ぎなかったとされている。だが後に安祥松平氏から清康家康ら松平氏を代表する人物が現れたため、親忠が4代当主扱いされたと言われている。

応仁元年(1467年)井田の郷(岡崎市井田町)での第一次井田野合戦で、品野(瀬戸市品野町)や伊保(豊田市保見町)の軍勢を破る。文明2年(1470年)、現在の岡崎市伊賀町伊賀八幡宮を創建。文明7年(1475年)鴨田郷の館跡に、井田野合戦の戦死者を弔うため、松平氏菩提寺の大樹寺を創建[3]文明9年(1477年)大恩寺(愛知県豊川市御津町御津山山麓)の開基として同寺を中興する。

長享元年(1487年)、麻生城の天野景孝を滅ぼし、九男・乗清を分立して成立した滝脇松平家を配置した[4]明応2年(1493年)第二次井田野合戦で、上野城主阿部氏寺部城鈴木氏挙母城中条氏、伊保城主三宅氏、八草城主那須氏らを破り、武名を挙げた。

明応5年(1496年)、三男・長親に家督を譲り、隠居。また子を分立して大給松平家滝脇松平家などを成立させたほか、第四子の存牛は出家し、信光明寺住持などを経て、京都の浄土宗総本山知恩院住持を務め、皇室との関係を深めた。文亀元年(1501年)8月10日に71歳(または63歳)で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 平野明夫 「信光の妻子」『三河松平一族』 新人物往来社、97 - 101頁。
  2. ^ 「松平八代」三河武士のやかた家康館
  3. ^ 第1章 岡崎市の歴史的風致形成の背景(PDF:11MB)岡崎市歴史的風致維持向上計画
  4. ^ 「麻生松平氏の墓所 」『ぬかた町文化財めぐり』額田町文化財保護委員会,額田町教育委員会,1990年 P41

参考文献[編集]

  • 平野明夫『三河松平一族』、新人物往来社 2002年、ISBN 4-404-02961-6 C0021
  • 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』東京堂出版、2009年