松平賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松平 賢二 Table tennis pictogram.svg
琉球アスティーダ基本情報よみがな まつだいら けんじラテン語表記 MATSUDAIRA Kenji生年月日 (1989-04-06) 1989年4月6日(30歳)国籍 日本の旗 日本出身地 石川県七尾市血縁者 松平健太、松平志穂[1]選手情報世界ランキング 最高34位(2012年5月)段級位 7段利き腕グリップ シェークハンドラケット カルテット VFCフォア面ラバー VICTAS V>15Extraバック面ラバー VICTAS V>15Extraウェア V-SW035戦型 両面裏ソフトドライブ型ITTFサイト ITTFプロフィール経歴学歴 青森大学所属歴 協和発酵キリンマネージメント ノースプロダクションITTFワールドツアー戦歴生涯成績 356試合 228勝 勝率64%世界卓球選手権戦歴出場大会数 4初-最終出場 2009 - 2013国内戦歴 全日本選手権 混合ダブルス 2011
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
世界卓球選手権
2012 ドルトムント 男子団体
アジア卓球選手権
2012 無錫 混合ダブルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

松平 賢二(まつだいら けんじ、1989年4月6日 - )は、石川県七尾市出身の卓球選手。松平兄弟の次男。現在は協和発酵キリンに所属し、Tリーグ琉球アスティーダの選手としても試合に出場している[2]。兄に松平敏史、2009年の第50回世界卓球選手権個人戦に弟の松平健太と共に出場した。

2006年の全日本卓球選手権ではシングルスでベスト16、ダブルスでは3位となった。2007年の全日本卓球選手権ではジュニアで準優勝、インターハイでは水谷隼とのダブルスで松平健太上田仁組を破り優勝を果たした。2008年には全日本学生卓球選手権シングルスで優勝[3]、12月に東京都北区のナショナルトレーニングセンターで行われた日本代表選考会で翌年の第50回世界卓球選手権個人戦の代表に選出された[4]

世界選手権直前の4月12日に行われた第18回日本リーグ・ビッグトーナメントでは木方慎之介吉田海偉韓陽水谷隼を破り優勝した[5][6]

世界選手権ではシングルス2回戦で王励勤から1ゲームを取ったが敗れ、ダブルスは上田仁とのペアで呉尚垠柳承敏組から先に2ゲームを取ったものの、2-4で敗れベスト16で終えた[7]。同年秋からは卓球ブンデスリーガに参戦することが決定している[3]

2010年1月に行われた平成21年度全日本卓球選手権では吉田に準決勝で敗れたが初のベスト4となった[8]

2013年にはパリで行われた世界卓球選手権日本代表に、弟の健太、妹の松平志穂とともに日本で初の3兄弟選出となり話題となった[9]

2017年にVICTASの契約選手となる[10]。 2018年に発足したTリーグの琉球アスティーダに入団した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]