松平輝延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平輝延
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永4年12月15日1776年2月4日
死没 文政8年2月17日1825年4月5日
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 従四位下、侍従右京大夫
幕府 江戸幕府
上野高崎藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平輝高、母:大川氏
養父:松平輝和
兄弟 輝行輝和輝延
正室:松平信明の養女、松平信譲の娘)
継室:南部利正の娘
輝茂輝実輝承、娘(朽木綱條正室)、雅子(南部利敬養女、南部利済正室)、盈子(酒井忠義正室のち松平宗秀継々室)ら
養子:松平定信の娘、前田利幹正室)、輝健

松平 輝延(まつだいら てるのぶ)は、江戸時代中期から後期の上野国高崎藩主、寺社奉行大坂城代老中。高崎藩大河内松平家6代。高崎藩第3代藩主松平輝高の三男。

略歴[編集]

  • 安永4年(1775年)閏12月15日、江戸に生まれる。
  • 天明8年(1788年)11月10日、兄輝和の継嗣となる。
  • 寛政12年(1800年)11月12日、家督を継いで高崎藩主となる。
  • 享和元年(1801年)6月27日、奏者番となる。
  • 享和2年(1802年)4月28日、寺社奉行となる。
  • 文化12年(1815年)4月29日、従四位下となり、大坂城代に任ぜられる。
  • 文政5年(1822年)藩財政の悪化により、病気という理由で大坂城代辞任。溜間詰次席となる。
  • 文政6年(1823年)11月13日、老中となる。12月15日、侍従となる。
  • 文政8年(1825年)2月17日、卒。