松平頼常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平頼常
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応元年11月21日1652年12月21日
死没 宝永元年4月3日1704年5月6日
改名 鶴松→鶴千代(幼名)→頼常
別名 兵部、新五郎(通称
諡号 源節公
墓所 香川県さぬき市霊芝寺
官位 従四位侍従右京大夫讃岐守、
従四位上左近衛権少将
幕府 江戸幕府
讃岐高松藩
氏族 水戸徳川家高松松平家
父母 父:徳川光圀(水戸黄門)、母:親量院
養父:松平頼重
正室:松姫酒井忠清の娘)
側室:岡見氏
頼泰(長男)、久松(次男)
養子:頼豊松平頼重娘、大久保公卓室)

松平 頼常(まつだいら よりつね)は、讃岐高松藩の第2代藩主。

生涯[編集]

承応元年(1652年)11月21日、水戸藩第2代藩主・徳川光圀の長男として生まれる(出生地は江戸小石川、光圀の家臣である伊藤友玄の屋敷)。父・光圀が兄・頼重を差し置いて水戸藩主となったことを遺憾としたため、頼重の次男である綱條が光圀の養子、頼常が頼重の養子となった。

延宝元年(1673年2月19日、養父・頼重の隠居により高松藩主となった。藩政においては、元禄8年(1695年)に厳しい倹約令を定めて藩財政を立て直したり、元禄9年(1696年)に法令を刷新するなどした。また、元禄16年(1703年)には講堂を建設して儒学者の松下見林を招聘している。宝永元年(1704年)2月に隠居し、養子の頼豊(頼重の孫)に家督を譲るが、同年4月3日に死去した。享年53(満51歳没)。

官歴[編集]

※日付=旧暦

  • 1664年寛文4年) - 将軍家初見。
    • 12月28日 - 讃岐国高松藩主の後継者となり、兵部と称する。
  • 1665年寛文5年)12月27日 - 従四位下に叙し、侍従に任官。右京大夫を兼任。
  • 1673年延宝元年)2月19日 - 松平家家督相続し、藩主となる。同日、讃岐守に遷任。侍従如元。
  • 1683年天和3年)12月25日 - 従四位上に昇叙し、左近衛権少将に転任。讃岐守如元。
  • 1704年宝永元年)
    • 2月11日 - 隠居。
    • 3月4日 - 新五郎と称する。
    • 4月3日 - 逝去。

登場作品[編集]