松平頼常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
松平頼常
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応元年11月21日1652年12月21日
死没 宝永元年4月3日1704年5月6日
改名 鶴松、鶴千代(幼名)、頼常
別名 兵部、新五郎(通称
諡号 源節公
墓所 香川県さぬき市霊芝寺
官位 従四位下侍従右京大夫讃岐守、従四位上左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
讃岐高松藩
氏族 水戸徳川家高松松平家
父母 徳川光圀親量院
松平頼重
酒井忠清四女松姫、岡見氏
頼泰、久松、頼豊
テンプレートを表示

松平 頼常(まつだいら よりつね)は、江戸時代前期から中期にかけての大名讃岐国高松藩2代藩主。官位従四位上讃岐守左近衛権少将

生涯[編集]

承応元年(1652年)11月21日、水戸藩2代藩主・徳川光圀の長男として生まれた。妾腹(女中)の子であり、かつ、その頃光圀と関白近衛家の娘尋子との正室としての縁談がまとまりつつある、間の悪い時期であった。このため懐妊中の母(親量院)は水戸家臣である伊藤友玄に預けられ、江戸小石川の伊藤の屋敷で頼常を生んだ。頼常は光圀の兄の松平頼重が育てることとなり、生後間もなく京に、翌春に讃岐国高松に移され、高松城内で養育された。母親は江戸に留まり、のち水戸藩士の望月信尚の妻となった。

父の光圀は、兄の頼重を差し置いて自身が水戸藩主となったことを遺憾としていたため、頼重の次男である綱條を光圀の養嫡子とし、一方で頼常は頼重の養子となった。

延宝元年(1673年2月19日、頼重の隠居により高松藩主となった。藩政においては、元禄8年(1695年)に厳しい倹約令を定めて藩財政を立て直し、元禄9年(1696年)に法令を刷新するなどした。また、元禄16年(1703年)には講堂を建設して儒学者の松下見林を招聘している。

元禄7年(1694年)閏5月、光圀の許しを得て、実母の親量院を高松に迎えた。この頃には望月は死去し、母は独りであったとされる。親量院は高松にて藩主生母として遇され20年、頼常より長生きし、正徳4年(1714年)に81歳で死去した。

宝永元年(1704年)2月に隠居し、養子の頼豊(頼重の孫)に家督を譲るが、同年4月3日に死去した。享年53(満51歳没)。

年表[編集]

※日付=旧暦

  • 1664年寛文4年) - 将軍家初見。
    • 12月28日 - 讃岐国高松藩主の後継者となり、兵部と称する。
  • 1665年寛文5年)12月27日 - 従四位下に叙し、侍従に任官。右京大夫を兼任。
  • 1673年延宝元年)2月19日 - 松平家家督相続し、藩主となる。同日、讃岐守に遷任。侍従如元。
  • 1683年天和3年)12月25日 - 従四位上に昇叙し、左近衛権少将に転任。讃岐守如元。
  • 1704年宝永元年)
    • 2月11日 - 隠居。
    • 3月4日 - 新五郎と称する。
    • 4月3日 - 逝去。

系譜[編集]

登場作品[編集]