松平頼説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松平頼説
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永7年2月27日1778年3月25日
死没 天保4年9月13日1833年10月25日
改名 兼太郎、弁次郎(幼名)→頼説
諡号 靖侯
戒名 巌徳院敬誉俊亮順説
墓所 茨城県常陸太田市瑞龍山
官位 従四位下兵部大輔播磨守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
常陸府中藩
氏族 水戸徳川家庶流府中松平家
父母 父:松平頼陽、母:鈴木氏
養父:松平頼前
兄弟 頼前松平頼前養女
正室:細川治年娘・寧子
側室:鈴木氏、曾我氏、石川氏、大庭氏ら
頼縄中山信守、頼功、有馬広衆
谷衛滋、知久頼匡、信、松平頼善室、
本堂親道正室ら

松平 頼説(まつだいら よりひさ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名常陸国府中藩8代藩主。官位従四位下播磨守侍従

略歴[編集]

松平頼陽(第6代藩主・松平頼済の次男)の長男。母は鈴木氏。幼名は兼太郎、弁次郎。

寛政5年(1793年)11月、先代藩主の松平頼前の養嗣子となる。寛政7年(1795年)9月10日、頼前の隠居で跡を継いだ。藩校の創設や新田開発に尽力し、自身も教養に優れていたことから文学を奨励している。また、蹴鞠を趣味としており、飛鳥井雅威の門下として紫組の冠懸を許された。天保4年(1833年)9月13日、56歳で死去し、跡を長男・頼縄が継いだ。

年表[編集]

※日付=旧暦

系譜[編集]