松平頼道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松平 頼道(まつだいら よりみち、明暦3年3月20日1657年5月3日) - 享保6年6月3日1721年6月27日))は、常陸宍戸藩の第2代藩主。徳川頼房の六男・松平頼利の長男。正室は鈴木重政の娘。子は頼慶(長男)、娘(白井信胤養女)。官位は従五位下、筑後守。

生涯[編集]

貞享4年(1687年)8月、先代藩主で叔父の頼雄に嗣子が無かったため、その養嗣子となり、元禄10年(1697年)に頼雄の死去により跡を継ぐ。享保6年(1721年)6月3日に65歳で死去し、跡を長男の頼慶が継いだ。法号は住禅院殿定誉諦真道鏡大居士。墓所は茨城県常陸太田市瑞龍山