松方巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松方巌

松方 巌(巖、まつかた いわお、1862年5月4日(文久2年4月6日[1])- 1942年昭和17年)8月9日[1][2])は、日本の実業家政治家華族貴族院公爵議員十五銀行頭取

経歴[編集]

薩摩国鹿児島郡鹿児島城下で薩摩藩士・松方正義の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い1924年9月1日、公爵を襲爵し[1][4]貴族院公爵議員に就任した[2]

1883年ドイツ帝国に留学し、ライプツィヒ大学等で学んだ[2][3][5]。帰国後1886年、交際官試補となるが実業界へ転身[2][3]。十五銀行副頭取、同頭取、東京銀行集会所副会頭、東京商業会議所特別議員、泰昌銀行頭取、横浜正金銀行取締役、帝国倉庫運輸取締役などを務めた[2][3]

1927年昭和金融恐慌で十五銀行が経営破綻し、その責任を感じて資産490万円を提供し[5]、同年12月6日、貴族院公爵議員を辞職[6]して爵位を返上し[1]、一切の公職から退いた[5]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『平成新修旧華族家系大成』下巻、576-579頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』11頁。
  3. ^ a b c d 『人事興信録』第7版、ま33頁。
  4. ^ 『官報』第3610号、大正13年9月3日。
  5. ^ a b c 『華族総覧』572頁。
  6. ^ 『官報』第286号、昭和2年12月10日。
  7. ^ 『官報』第382号「賞勲叙任」1884年10月4日。
  8. ^ 『官報』第2391号「叙任及辞令」1891年6月20日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 千田稔『華族総覧』講談社〈講談社現代新書〉、2009年。


日本の爵位
先代:
松方正義
公爵
松方家第2代
1924年 - 1927年
次代:
爵位返上