松本一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松本 一郎
まつもと いちろう
生年月日 1900年3月15日[1]
出生地 日本の旗 日本 三重県[1]
没年月日 1968年10月26日(満68歳没)[2]
出身校 明治大学専門部法科[2]
前職 三重県大井村長、三重県会議員など[2]
選挙区 三重県第1区[2]
当選回数 4回[2]
テンプレートを表示

松本 一郎(まつもと いちろう、1900年明治33年)3月15日[1] - 1968年昭和43年)10月26日[2])は、日本の農業関係者、政治家衆議院議員

経歴[編集]

三重県出身[1][2]明治大学専門部法科で学んだ[2]

一志郡大井村長、三重県会議員、三重県耕地協会長、三重県農業共済組合連合会長、三重県畜産会長などを務めた[2]

1947年4月、第23回衆議院議員総選挙おいて三重県第1区民主党から出馬し当選し、第24回第25回第29回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算四期務めた[2]。この間、衆議院建設委員長、同農林水産委員長、第2次池田内閣科学技術政務次官、民主党会計監督、民主自由党相談役、同民情部長、自由民主党全国組織副委員長、全国農業共済協会副会長などを務めた[2]

農業共済事業に尽力し、農民の世話をよく焼き、小さな座談会を開いて農民との対話を重視していた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』582頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『議会制度百年史 – 衆議院議員名鑑』605頁。
  3. ^ 『三重政界の闘将たち』97頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 川崎秀二『三重政界の闘将たち』内外政局研究会、1974年。