松本保美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 保美(まつもと やすみ、1948年 - )は、日本経済学者政治学者早稲田大学政治経済学部教授

日本経済学会、日本経済政策学会、経営情報学会などに所属。

現在の研究テーマはコンピュータネットワーク経済電子商取引電子貨幣、集団的選択理論、投票方式と選挙制度など、多岐にわたる。

趣味は切手収集スキー

略歴[編集]

東京都出身。

この間、セルジー=ポントワーズ大学やポートランド州立大学客員教授を歴任、1992年に第4回アジア太平洋賞を受賞。

著作[編集]

  • 『コンピュータのお話 (これ以上やさしく書けない入門書)』(文眞堂)
  • 『インターネット社会の経済学的考察』
  • 『欧州連合(EU)における電子商取引の実態と政策』
  • 『新しい選挙制度―理論とテクノロジーに裏付けられた』(木鐸社
  • 『開放ミクロ経済学のフロンティアー (早稲田大学現代政治経済研究所研究叢書 33)』(共著、早稲田大学出版部
  • 『理解しやすい政治・経済―新課程版 (シグマベスト)』(文英堂

訳書[編集]

  • 『経済学の再生―道徳哲学への回帰』(共訳、アマルティア・セン著、麗沢大学出版会)
  • 『公共政策の基礎』(I.M.D. リトル著、木鐸社)
  • 『日本のアセアン投資―その新しい潮流 要因と展望』(パスク・ポンパイチット著、文眞堂)