松本典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まつもと のりこ
松本 典子
本名 笘篠 美和子(旧姓:佐藤)
生年月日 (1968-01-30) 1968年1月30日(53歳)
出生地 東京都昭島市
国籍 日本の旗 日本
身長 158
血液型 B型
職業 タレント歌手
活動期間 1984年 -
配偶者 笘篠賢治(1992年 - )
著名な家族 笘篠誠治(義兄)
笘篠ひとみ(姪)
笘篠和馬(甥)
主な作品
志村けんのだいじょうぶだぁ
テンプレートを表示

松本 典子 (まつもと のりこ、本名:笘篠 美和子〈旧姓:佐藤〉、1968年1月30日 - ) は、1980年代に活動した日本タレントアイドル歌手コメディエンヌである。

来歴・人物[編集]

東京都三鷹市生まれ[1]。本名の「美和子」は「しくいつまでも平であるように」という意味を込めて名付けられたという[1]。3歳の時に調布市深大寺[1]、5歳の時に昭島市へ移る[1]。父の転勤により、中学3年生の時に群馬県伊勢崎市へ転居[1]。血液型はB型。

中学生時代の部活はテニス部[1]。中学生の時に高校野球好きになり、野球部のマネージャーになりたくて高校の進学先は共学も目指したが、女子高にも憧れを持ち、結局は制服の可愛さが決め手となって共愛学園高等学校に入学した[1]。高卒後は、両親からは進学を希望されていたが、本人は「早く結婚したかった」という理由で就職希望だったという[1]。芸能界デビュー後に修徳高等学校に編入し、同校を卒業。日本の1980年代アイドル全盛期に16歳でデビュー。いわゆる正統派アイドルであったが、19歳頃になってアイドル業の傍ら志村けん主演のコント番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』にレギュラー出演し、活動の幅を広げる。結婚を機に事実上引退だったが、少しずつ、活動し初めている。

年表[編集]

1984年
8月、第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」にて網浜直子とダブルでグランプリを獲得(応募総数歴代最大18万325人)した[1]。ミス・セブンティーンコンテストは、姉が持って来た雑誌に載っていたもので、姉から勧められたものだった[1]。コンテストの審査員には、これに落ちたら地方公務員か電話交換手を目指そうと思うと答えたという[1]。ニックネームは「のりりん」「サミー」(本名の佐藤美和子に因むもの[1])など。主に1980年代から1990年代前半に活躍した。デビュー時のキャッチフレーズは、「とどくかな、笑顔。」で、郵政省の「タイムカプセル2001」とタイアップした。
ミス・セブンティーンコンテストの同期には国生さゆり渡辺美里工藤静香渡辺満里奈清原亜希などがいる。
なお、翌1985年の芸能界デビューの同期生では、特に南野陽子芳本美代子らと仲が良かった。ほか同期デビューでは斉藤由貴浅香唯本田美奈子.中山美穂森口博子井森美幸森川美穂いしのようこ中村繁之森下恵理若林加奈小幡洋子宮里久美村田恵里などがいた。さらにミス・セブンティーンのオーディションを受ける前、サンミュージックのレッスン生をしており、1983年にアイドル歌手でデビューした桑田靖子とはレッスン生の同期だった。
1985年
シブがき隊主演映画『バロー・ギャングBC』に出演。
3月21日、アイドル歌手として「春色のエアメール」でCBSソニーよりデビュー。デビュー曲の候補には、「春色のエアメール」の他、カップリング曲となった「秘密の17才」、後に1stアルバムに収録された「なるほどネ!!」があった。シングル発売時には松坂屋上野等の屋上にてイベントを行っていた。代表作には「さよならと言われて」、「儀式(セレモニー)」等だが、「さよならと言われて」でTBSの『ザ・ベストテン』に「今週のスポットライト」として登場するも、全ての曲でベスト10へのランクインは1度も果たせなかった。本人としては何としてでもベスト10入りしたい!という強い希望があり、ベスト10入りするまで、仕事において車移動は禁止というプレッシャーを自身に課していた。
1987年
車移動が解禁となるが、その分、熱狂的なファンによる追尾(追っかけ)が激しくなる。本人としてもベスト10歌手を諦めざるを得ない状況に加え、家族から引退も勧められており、精神的に不安定であったため、追っかけに向かって「ちゃんと生身の女性と恋愛しよう!」と呼びかけてしまい、大量のファン離れが起こってしまった。しかし、そのことが路線変更に繋がる。アイドル活動の傍ら、フジテレビ系バラエティ『志村けんのだいじょうぶだぁ』にレギュラー出演し、志村けんらと息のあったコントを披露。いしのようこと共に二大看板となった。
1992年
当時ヤクルトスワローズ内野手だった笘篠賢治と結婚。結婚指輪は800万円だった。結婚後は主婦・子育てに専念し原則として休業したが、時折、本名で夫とトーク番組にゲスト出演したことはあった。
2011年
8月、『J-POP青春の'80』(NHK BSプレミアム、9月8日放送)収録に出演。「儀式(セレモニー)」を歌い、19年ぶりに歌手として復帰。
2013年
9月11日、日本テレビ1番ソングSHOW「今いちばん見たい!幻のアイドル大捜索スペシャル!」に出演。地上波の登場は10年ぶり。
2018年
4月29日、週刊誌FLASHにて20年ぶりにグラビア登場。インタビューの中で、『歌は好きなので、また聴かせられたらいいなと思っています。』と答えている[2]
2019年
12月15日、文化放送「スポスタ☆MIX ZONE」に夫と共に出演。ラジオへの登場は26年ぶり[3][4]

家族構成[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 オリコン
最高位
規格品番
CBS・ソニー
1 1985年
3月21日
A面 春色のエアメール EPO 大谷和夫 28位 07SH-1617
B面 秘密の17才 小坂明子 鷺巣詩郎
2 1985年
6月21日
A面 青い風のビーチサイド 麻生圭子 岸正之 船山基紀 30位 07SH-1657
B面 ジンジャー 矢野顕子 武部聡志
3 1985年
9月21日
A面 さよならと言われて 銀色夏生 呉田軽穂 松任谷正隆 17位 07SH-1697
B面 デ・リ・ケ・ー・ト 麻生圭子 後藤次利
4 1986年
2月26日
A面 虹色スキャンダル 湯川れい子 久保田利伸 中村哲 28位 07SH-1738
B面 感性のままに 千家和也 三木たかし 瀬尾一三
5 1986年
5月21日
A面 NO WONDER 沢ちひろ 芹沢廣明 鷺巣詩郎 29位 07SH-1790
B面 三枚の写真[7] 松本隆 大野克夫 大村雅朗
6 1986年
10月1日
A面 儀式(セレモニー) 中島みゆき 戸塚修 37位 07SH-1823
B面 秋桜化粧 荒木とよひさ 三木たかし
7 1987年
4月22日
A面 KEEP ME HANGIN' ON
〜誘惑を抱きしめて〜
森浩美 E.Holland
L.Dozier
B.Holland
加藤道明 56位 07SH-1912
B面 パステル・ラブ[8] 尾崎亜美 戸塚修
8 1988年
2月26日
A面 今夜はパラダイス 岩室先子 羽田一郎 水谷公生 84位 07SH-3013
B面 P・Rondo 和泉一弥
9 1988年
10月23日
A面 雨と水曜日 小林由美子 羽田一郎 水谷公生 46位 07SH-3130
B面 想いの破片 来生えつこ 来生たかお 星勝
10 1989年
6月21日
01 天使が棲む島 麻生圭子 中崎英也 84位 10EH-3293
02 夜明けまでのマーメイド
11 1989年
12月1日
01 初恋十二単 麻生圭子 中崎英也 戸塚修 - CSDL-3038
02 春から小町
12 1990年
10月1日
01 たったひとりの恋人 麻生圭子 中崎英也 CSDL-3166
02 想い出にしたかった 中崎英也
Sony Records
13 1991年
9月1日
01 Kissが届かない 松本典子 MAYUMI 山川恵津子 - SRDL-3346
02 今夜も眠れない

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ミニ・アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

ライブビデオ[編集]

発売日 タイトル
CBSソニー
1st 1986年 NORIKO MATSUMOTO LIVE'86 MAIDEN VOYAGE
2012年7月9日

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品
春色のエアメール 郵政省『ポストカプセル2001』キャンペーンソング シングル「春色のエアメール」
さよならを言われて SONY 『ラジオカセットCFS-W90』CMソング シングル「さよならを言われて」
感性のままに 東映映画『ザ・サムライ』挿入歌 シングル「虹色スキャンダル」
NO WONDER KCBエースフル『サワーロイヤル』CMイメージソング シングル「NO WONDER」
パステル・ラブ サン・ジョルディの日 キャンペーン・イメージ・ソング シングル「KEEP ME HANGIN' ON〜誘惑を抱きしめて〜」
今夜はパラダイス フジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁ』エンディングテーマ シングル「今夜はパラダイス」
雨と水曜日 郵政省『ふみの日』キャンペーンソング シングル「雨と水曜日」
フジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁ』エンディングテーマ
天使が棲む島 フジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁ』エンディングテーマ シングル「天使が棲む島」
初恋十二単 郵政省『年賀はがき』キャンペーンソング シングル「初恋十二単」
フジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁ』エンディングテーマ

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l BOMB学研)1985年11月 p.21 - 51「松本典子巻頭特集」
  2. ^ “松本典子 20年ぶりのグラビア撮影で「また歌を聴かせられたら」”. FLASH. (2018年4月29日). https://smart-flash.jp/entame/39720 2018年4月29日閲覧。 
  3. ^ 元アイドル・松本典子 夫・笘篠賢治氏と26年ぶりのメディア共演 結婚の裏話など語る スポーツニッポン2019年12月12日
  4. ^ アスリートの妻とアイドルの夫のすべて明かして、だいじょうぶだぁ!スペシャル~!! 番組ブログ2019年12月15日
  5. ^ 笘篠母・松本典子さん応援席でエール デイリースポーツ、2012年7月14日、2019年12月1日閲覧
  6. ^ マイナビ2020・入社してから成長が止まらない ! それぞれの役割で活躍中の三人 - マイナビ(テレビ新広島)。2019年6月30日更新。
  7. ^ 三木聖子の同名曲のカバー。
  8. ^ 金井夕子の同名曲のカバー。
  9. ^ 2010年11月27日にCD版がリリースされた(規格品番:DYCL-244)。
  10. ^ 2012年10月10日にCD版がリリースされた(規格品番:DYCL-419)。
  11. ^ 2013年2月21日にCD版がリリースされた(規格品番:DYCL-467)。
  12. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.73.
  13. ^ 月刊ラジオパラダイス 1989年7月号「R・P NEWSパレット アイドルプログラム・ニュース」p.64