松本典子 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと のりこ
松本 典子
本名 清水 和子
生年月日 (1935-08-09) 1935年8月9日
没年月日 (2014-03-26) 2014年3月26日(78歳没)
出生地 日本の旗 日本・東京
死没地 日本の旗 日本・東京都世田谷区
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
配偶者 清水邦夫

松本 典子(まつもと のりこ、1935年8月9日 - 2014年3月26日)は、日本の女優。本名、清水 和子(しみず かずこ)。夫は劇作家清水邦夫

経歴[編集]

東京出身。劇団俳優座養成所(8期)卒業後、1959年に劇団民藝に入団[1]1960年代から1970年代ドラマ映画で活躍し、以降も舞台などで活動を続けていた。1976年に夫の清水邦夫らと演劇企画グループ「木冬社」を結成。1979年・1984年に第14回・第19回紀伊國屋演劇賞、1987年に第37回芸術選奨文部大臣賞受賞。2001年6月にシアターΧで上演された「女優N」が最後の舞台となった[2]

2014年3月26日午前10時25分、間質性肺炎のため東京都世田谷区の病院で死去[3]。78歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 「キャンパス110番」より 学生野郎と娘たち(1960年) - 女子学生セツ
  • 狂熱の季節(1960年) - 文子
  • ママ恋人がほしいの(1961年) - ムコの姉
  • 天使と野郎ども(1962年) - 純子
  • 雲に向かって起つ(1962年) - 津島悦子
  • ハイティーンやくざ(1962年) - 吉野初子
  • 硝子のジョニー 野獣のように見えて(1962年) - 和子
  • 花と竜(1962年) - 染奴
  • 夜の勲章(1963年) - 夏木瑛子
  • 競輪上人行状記(1963年) - 佐山徳子
  • 示談屋(1963年) - 住友マリ
  • 続男の紋章(1963年) - 絹江
  • 敗れざるもの(1964年) - 三好看護婦
  • ヒロシマ一九六六(1966年) - 内山淳子
  • 忍者武芸帳(1967年) - 螢火
  • 地の群れ(1970年) - 宇南英子
  • 翼は心につけて(1978年) - 原主任看護婦

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 俳優の松本典子さん死去」『朝日新聞デジタル』、2014年3月28日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2014-03-28時点によるアーカイブ。俳優の松本典子さん死去 朝日新聞 2014年3月28日
  2. ^ 松本典子さん死去 間質性肺炎で デイリースポーツ 2014年3月28日
  3. ^ 女優の松本典子さん死去、78歳 蜷川さん演出作品で芸術選奨スポーツニッポン2014年3月28日閲覧