松本友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 友
東京ヤクルトスワローズ #117
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県糟屋郡宇美町
生年月日 (1995-02-05) 1995年2月5日(24歳)
身長
体重
179 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 育成ドラフト2位
年俸 240万円 (2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 友(まつもと ゆう、1995年2月5日 - )は、福岡県糟屋郡宇美町出身[1][2]プロ野球選手内野手育成選手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

3つ上の兄の影響で小学校3年生の頃に野球を始め[2]、宇美町立宇美東中学校[1]時代は、「宇美スターズ」で遊撃手外野手としてプレーする[2]

高校は東福岡高等学校に進学。東北楽天ゴールデンイーグルスに入団したエース森雄大と共に臨んだ3年生の夏の第94回選手権福岡大会おいて、準々決勝の対福岡大付属大濠高校戦で1番・左翼手で出場し、5打数2安打1打点の活躍をするが、4対7で敗れ甲子園出場はならなかった[3]

大学は明治学院大学に進学し、1年生時に首都大学野球リーグ首位打者とベストナインを獲得するが、2年生以降は思うような結果が残せず低迷した[4]。大学で野球をやめることを考えていたが、周囲のアドバイスもあり、ベースボール・チャレンジ・リーグ福井ミラクルエレファンツの練習に参加。入団が決まった[4]

背番号1

BCリーグ・福井時代[編集]

2017年、58試合に出場し、打率.301、1本塁打、24打点、9盗塁を記録するが[5]、満足いく結果は残せなかった。続けるかどうか迷ったが、「もともと2年って決めていたので、最後の1年頑張ろうと思って臨んだ」とコメントしている[4]

2018年、68試合フルイニング出場する中、打率.326、101安打(リーグ2位)、17二塁打(同7位タイ)、三塁打9本(同1位タイ)、7本塁打、20盗塁を記録し[2]、9月の月間MVPを獲得する[4]

10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、東京ヤクルトスワローズから育成ドラフト二巡目指名され[6]、支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)で契約合意に達し[7]、12月7日、東京都港区で入団発表会見が行われた[8]

背番号は117

ヤクルト時代[編集]

選手としての特徴[編集]

  • 俊足と強肩を生かした守備が魅力の内野手。左右にヒットを打ち分けるバッティングも評価が高い[9]

人物[編集]

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]













































O
P
S
2017 福井 58 206 22 62 8 3 1 79 24 43 25 4 3 1 9 9 6 .301 .386 .383 .769
2018 68 310 57 101 16 9 7 156 60 75 27 5 0 3 20 14 5 .326 .386 .503 .889
通算:2年 126 516 79 163 24 12 8 235 84 118 52 9 3 4 29 23 11 .316 .386 .455 .841

背番号[編集]

  • 1 (2017年 - 2018年)
  • 117 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 【ヤクルト】育成2位・松本友、道徳教育誌で主人公になっていた…8年たって知る”. スポーツ報知 (2019年1月6日). 2019年4月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 育成初のトリプルスリーを目指す!東京ヤクルトスワローズ・育成2位、松本友(BC・福井)”. Yahoo!ニュース (2018年11月17日). 2019年4月18日閲覧。
  3. ^ 第94回全国高校野球選手権福岡大会 福岡大大濠―東福岡(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2012年7月25日). 2019年4月18日閲覧。
  4. ^ a b c d 阪神・鳥谷敬選手のように―福井の背番号1・松本友選手はNPBで鉄人を目指す《2018 ドラフト候補》”. Yahoo!ニュース (2018年10月20日). 2019年4月18日閲覧。
  5. ^ 2017年個人打撃成績 一覧”. ベースボール・チャレンジ・リーグ公式サイト. 2019年4月18日閲覧。
  6. ^ a b ライバル2人、阪神とヤクルトへ エレファンツ片山雄哉、松本友選手”. 福井新聞 (2018年10月26日). 2019年4月18日閲覧。
  7. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2019』廣済堂出版、2019年、157頁。ISBN 978-4-331-80410-0。
  8. ^ ヤクルトが新入団選手発表 ドラ1清水「1年間1軍に」”. 産経新聞 (2018年12月7日). 2019年4月18日閲覧。
  9. ^ ドラフト会議 指名選手紹介 ヤクルト”. Baseball LAB. 2019年4月18日閲覧。

関連項目[編集]