松本和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 和彦(まつもと かずひこ、1964年 - )は、日本の法学者大阪大学教授。専門は憲法基本的人権)、環境法

来歴・人物[編集]

大阪府出身。大阪学院大学法学部講師、大阪大学大学院法学研究科助教授を経て、大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)教授。 2004年4月1日衆議院憲法調査会の第119回調査会、第3回基本的人権小委員会(公共の福祉)に参考人として出席し、環境権の保障について意見を述べた。

学位[編集]

  • 1988年 - 大阪大学法学部卒業
  • 1990年 - 大阪大学大学院法学研究科公法学専攻修士課程修了
  • 1994年 - 大阪大学大学院法学研究科公法学専攻博士課程単位取得満期退学
  • 1996年 - 博士(法学)(大阪大学) 学位論文「基本権保障の法的論証作法−ドイツにおける防禦権のドグマーティク−」

主要著書[編集]

  • 『基本権保障の憲法理論』(大阪大学出版会、2001年)
  • 『法治国家の展開と現代的構成』(共編、法律文化社、2007年)