松本喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まつもと きいち
松本 喜一
Kiichi Matsumoto.jpg
生誕 (1881-08-12) 1881年8月12日
埼玉県秩父郡
死没 (1945-11-13) 1945年11月13日(64歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 官僚教育者
著名な実績 帝国図書館長

松本 喜一(まつもと きいち、1881年8月12日 - 1945年11月13日)は、埼玉県秩父郡出身の官僚教育者東京高等師範学校教授、帝国図書館長を歴任。

経歴[編集]

第二高等学校を経て、1906年(明治39年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業[1]山口県萩中学校教諭[2]群馬県師範学校教諭、茨城県女子師範学校長、茨城県師範学校長を経て、1921年(大正10年)に東京高等師範学校教授[3]。1921年には田中稲城の後任として帝国図書館長事務取扱に就任したが、図書館界との関りがなかった松本が就任したことで反対の声も上がっている[4]

1923年(大正12年)1月11日、田中の後任として帝国図書館長(2代目)に就任。1926年(昭和元年)から1927年(昭和2年)にはアメリカ・ドイツ・イギリスの図書館を視察している。在任時には納本規定の整備を働きかけたり、書庫や閲覧室などの庁舎の増築を行っている[4]。1928年(昭和3年)には日本図書館協会理事長に就任し、1930年(昭和5年)には社団法人化の推進に反感を持たれたために辞任したが、1931年(昭和6年)に理事長に復帰して1939年(昭和14年)まで在任した[4]。1945年(昭和20年)11月13日、帝国図書館長在職中に死去した[4]。後任には岡田温が就任している。後世の図書館界では批判的に言及されることが多い[4]

脚注[編集]

  1. ^ 東京帝国大学一覧 従明治39年至明治40年』 東京帝国大学、1907年、(206)頁。 
  2. ^ 『官報』第7948号、明治42年12月20日、p.549
  3. ^ 東京高等師範学校第一臨時教員養成所一覧. 自大正11年4月至大正12年3月』 東京高等師範学校、1923年、68の41頁。 
  4. ^ a b c d e 日本図書館文化史研究会『図書館人物事典』日外アソシエーツ、2017年、p.251

参考文献[編集]

関連項目[編集]