松本市歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本市歌

市歌の対象
Flag of Matsumoto, Nagano.svg 松本市

作詞 高野辰之
作曲 信時潔
採用時期 1940年7月31日
採用終了 戦後は公的行事での演奏を取りやめている
言語 日本語
テンプレートを表示

松本市歌」(まつもとしか)は、長野県松本市市歌である。作詞・高野辰之、作曲・信時潔

解説[編集]

1940年昭和15年)制定[1]。この年は皇紀二千六百年を記念して全国で多くの自治体歌が作られた年であり、作詞は一般公募を行わず国文学者の高野辰之に、作曲は東京音楽学校講師の信時潔に市がそれぞれ依頼し、7月31日付の『松本市公報』第43号で市歌の制定が告示された[1]

戦後は3番の歌詞で取り上げられている歩兵第50連隊の兵営や護国神社日本国憲法戦争放棄政教分離の観点から好ましくないとして演奏されなくなり、次第に忘れ去られて行ったとされる[1]。そのため「まぼろしの市歌」とも呼ばれるが[1]、同じ3番の歌詞に含まれる「学都」は現在も松本市の雅称として親しまれている[2]

1997年平成9年)には市制90周年記念事業の「松本のうたコンクール」で最優秀作品に選定された市民愛唱歌「この街を忘れない」(作詞・作曲:黒岩玲子)が作成されており[3]、対外的にはこの愛唱歌の方が演奏実態の無くなった1940年制定の市歌に代わって紹介されることが多い[4]

歌詞[編集]

「松本市歌」は歌詞・旋律とも著作権の保護期間を満了し、パブリックドメインとなっている。

一、
日本にっぽんアルプス 筑摩連峰つかまれんぽう
つな平野へいや松本市まつもとしこそ
山色水光さんしょくすいこう うるわしく
むべなり観光かんこう 都市とし名高なたか
ひがし浅間あさま山辺やまべのあたり
玉吹たまふ温泉おんせん 所在しょざいきず。

二、

五層閣上ごそうかくじょう 見渡みわたかぎり
四郊しこう沃野よくや交通至便こうつうしべん
所々しょしょ煙突えんとつ 中空高なかぞらたか
むべなり商工しょうこう 都市とし名負なおへる
貨物かもつくるまちて
ちから市民しみんあゆみにしるし。

三、

びよ松本まつもとさかえよ
よろしく学都がくとぶべき此処ここ
くにしずめの 兵営並へいえいなら
くにまもりの 社殿しゃでんそび
おう、松本まつもと らへる都市とし
かがやはえあるひかり

参考文献、注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『広報まつもと』2005年4月1日号, p13「松本市百年の秘話 幻?の松本市歌」 p12
  2. ^ 学都松本のあゆみ (10)まぼろしの市歌に歌われた「学都」(松本市中央公民館『学都松本と社会教育の推進』、2014年
  3. ^ 松本のうた
  4. ^ 中山(2012), p231

関連項目[編集]