松本滋 (宗教学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

松本 滋(まつもと しげる、1933年 - 2010年3月)は、日本宗教学者聖心女子大学名誉教授。 東京生まれ。祖父の代からの天理教の信者。1955年東京大学宗教学科卒。1962年ハーヴァード大学大学院に学び、1967年博士号取得、天理大学専任講師1969年、聖心女子大学助教授、のち教授2004年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 宗教心理学 東京大学出版会、1979.6.
  • 本居宣長の思想と心理 アイデンティティー探求の軌跡 東京大学出版会、1981.9.
  • 天理教の信仰と思想 1 (人間の元なるもの) 天理教道友社、1983.4.
  • 天理教の信仰と思想 2 (これからの人間の生き方) 天理教道友社、1983.7.
  • 天理教の信仰と思想 3 (陽気ぐらしへの道) 天理教道友社、1983.10.
  • 神へ近づく道 天理教道友社、1987.10.
  • 父性的宗教母性的宗教 東京大学出版会、1987.1. UP選書
  • 心を育てる 善本社、1991.5.
  • たましいの物語としての「元の理」 天理やまと文化会議、1991.7. 教養ブックス
  • おつとめの心 善本社、1993.12.
  • 真の幸福とは何か 善本社、1993.10.
  • 「かしもの・かりもの」の心 善本社、1997.1.
  • 成人の心 善本社、2003.10.

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 宮田元「松本滋学兄をお偲びして (PDF) 」 、『東京大学宗教学年報 別冊』第28号、東京大学文学部宗教学研究室、2011年3月31日、 4-5頁、2012年5月31日閲覧。