松本直晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 直晃
琉球ブルーオーシャンズ #20
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県三木市
生年月日 (1990-11-14) 1990年11月14日(29歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2015年 ドラフト10位
初出場 NPB / 2016年9月11日
最終出場 NPB / 2019年7月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 直晃(まつもと なおあき、1990年11月14日 - )は、兵庫県三木市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。琉球ブルーオーシャンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

5歳の時に「自由が丘レッドファイターズ」で野球を始め、三塁手としてプレーし、緑が丘東小学校4年生の時に軟式野球チーム「緑が丘スターズ」に入団した[2]緑が丘中学校時代はヤングリーグの「神戸須磨クラブ」に所属し、三塁手や二塁手としてプレーした。この時のチームメイトに飯田優也がおり、後年飯田がプロ入り(福岡ソフトバンクホークス)したことに刺激を受けたという[3]

神戸須磨クラブの先輩が2年続けて進学していた縁もあり、静岡県東海大学付属翔洋高等学校に進学。三塁手としてプレーし、2年生の秋からレギュラーを務めた[4]。甲子園出場経験は無い[5]

友人に誘われて環太平洋大学の練習会に参加し、そこで誘いを受けたことで高校卒業後は同校に進学。1年生の秋から三塁手、2年生の春から遊撃手、キャプテンとなった4年生の春には右翼手として出場した。同校ではいずれものちに香川オリーブガイナーズを経てNPB入りする亀澤恭平(2学年先輩)や又吉克樹(同級生)とチームメイトで、亀澤からはアドバイスをもらったという[6]

大学卒業後、誘いを受けて鳥取県米子市の医療法人「養和会」に進み、同会の軟式野球部の立ち上げに携わった[7]。同野球部では他に投手をできるメンバーが少なかったこともあり、遊撃手兼投手としてプレーした[8]。2年目の2014年、第58回高松宮賜杯全日本軟式野球大会では全4試合に先発登板し、チームはベスト4入りした。「養和会」では野球をプレーする一方、介護員として働いていた。

独立リーグ時代[編集]

2014年11月に四国アイランドリーグplusのトライアウトを受験し、特別合格[9]。11月23日に行われた同リーグのドラフト会議において香川オリーブガイナーズに投手として指名され入団[10]。背番号は「11」に決まった[11]

2015年は41試合に登板し、72回を投げ4勝1敗6セーブ、防御率1.00の成績だった[12]。同シーズンでは5月と8月の月間MVP及び、2015シーズンMVP(香川県)を受賞し、北米遠征選抜に選出された[13]。10月12日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから10巡目で指名を受け[14]、契約金1,000万円、年俸500万円(金額は推定)で合意し、入団[15]。背番号は「66」に決まった[16]

西武時代[編集]

2016年9月9日に出場選手登録され[17]、9月11日の対福岡ソフトバンクホークス戦において、2点ビハインドの3回裏一死の場面で2番手でプロ初登板し、2/3回を投げ被安打1、与四球1、無失点だった[18][19]

2018年は中継ぎとして24試合に登板した。

2019年は4試合に登板。レギュラーシーズン終了後の10月3日、球団より来季の契約を結ばないと通告された[20]。11月12日の12球団合同トライアウトに参加し、三振と外野フライ・内野フライが各1という内容だった[21]。三振を奪った西岡剛は「大学時代、練習試合用の背番号をわざわざ7番にしていた」という憧れの選手で、「対戦できたことがうれしかった」と述べている[22]。また登板時には亀澤恭平が2塁の守備に就き、松本に声を掛ける場面があった[22]

琉球時代[編集]

2019年11月26日、2020年より始動する沖縄県初のプロ野球チーム・琉球ブルーオーシャンズに入団することが発表された[23]

選手としての特徴[編集]

独立リーグ時代、球速は最速151km/hを記録した[2]。変化球はフォークカーブスライダーなどを投げる[24]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 西武 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.2 3 0 2 0 0 1 1 0 0 0 0.00 1.88
2018 24 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 113 24.0 31 4 10 0 1 16 0 0 18 18 6.75 1.71
2019 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.0 9 2 1 0 0 3 0 0 4 4 7.20 2.00
通算:3年 30 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 150 31.2 43 6 13 0 1 20 1 0 22 22 6.25 1.77
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2016 西武 2 0 0 0 0 ----
2018 24 4 5 0 0 1.000
2019 4 0 0 0 0 ----
通算 30 4 5 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]












































2015 香川 1.00 41 4 1 6 0 0 0 72.0 282 51 1 64 22 1 12 8 1 0
通算:1年 1.00 41 4 1 6 0 0 0 72.0 282 51 1 64 22 1 12 8 1 0
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでの表彰[編集]

  • 月間MVP:2回(2015年5月・8月)
  • シーズン4県MVP:1回(香川県:2015年)

背番号[編集]

  • 11(2015年)
  • 66(2016年 - 2019年)
  • 20(2020年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑 廣済堂出版発行(ISBN 978-4-331-80325-7) 82頁
  2. ^ a b 第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」(1ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月10日掲載
  3. ^ 第43回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.1「『夢』を与えてもらった大人たちのために、『夢』叶える」(2ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月10日掲載
  4. ^ 第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」(1ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月14日掲載
  5. ^ 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2016 宝島社発行(ISBN 978-4-8002-5039-1) 65頁
  6. ^ 第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」(2ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月14日掲載
  7. ^ 第44回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.2「野球を続けさせてくれた『2つの出来事』」(3ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月14日掲載
  8. ^ 第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」(1ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月21日掲載
  9. ^ 第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」(2ページ) 独立リーグドットコム 2015年4月21日掲載
  10. ^ 2014年ニュース 四国アイランドリーグplusドラフト指名選手トライアウトリーグ2014ドラフト指名選手(2014年12月16日) 香川オリーブガイナーズ
  11. ^ 2015年ニュース 選手背番号決定、変更のお知らせ(2015年2月2日) 香川オリーブガイナーズ
  12. ^ 2015年シーズン 投手成績(全選手) 四国アイランドリーグplus 公式サイト
  13. ^ 2015年ニュース(「香川OGより智勝コーチと9選手が北米遠征選抜に選出!」「2015年5月度月間MVP受賞選手の発表」「2015年8月度月間MVP受賞選手の発表」「四国4県知事連携による2015シーズンMVP表彰について」) 香川オリーブガイナーズ
  14. ^ 2015年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年10月22日配信
  15. ^ 西武、指名3選手と合意 7位呉、8位国場、10位松本 スポニチ Sponichi Annex 2015年11月13日配信
  16. ^ 本日12/11「2015ドラフト新入団選手発表会」を実施! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年12月11日配信
  17. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年9月 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  18. ^ 西武新人の本田圭佑&松本直晃プロ初登板も“反省” 日刊スポーツ 2016年9月11日掲載
  19. ^ 2016年9月11日 福岡ソフトバンク 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  20. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について - 埼玉西武ライオンズ(2019年10月3日)
  21. ^ “43人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2019年11月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911110000087.html 2019年11月17日閲覧。 
  22. ^ a b “異色右腕・松本直晃のトライアウト。来年父になる男の「夢の続き」(2/3ページ)”. Sportiva. (2019年11月16日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2019/11/16/___split_200/index_2.php 2019年11月17日閲覧。 
  23. ^ 松本直晃選手入団のお知らせ (PDF) - 琉球ブルーオーシャンズ(2019年11月26日)
  24. ^ 第236回 埼玉西武・松本直晃(香川)「開幕1軍目指して」 SPORTS COMMUNICATIONS 2015年12月15日掲載
  25. ^ 2016年9月18日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]