松本直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松本 直樹
東京ヤクルトスワローズ #32
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県坂出市
生年月日 (1993-10-17) 1993年10月17日(27歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2017年 ドラフト7位
初出場 2018年4月25日
年俸 950万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 直樹(まつもと なおき、1993年10月17日 - )は、香川県坂出市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

丸亀高時代は3年夏の全国高等学校野球選手権香川大会決勝戦で松本竜也擁する英明高に完封負け[2]立教大学に進み、硬式野球部ではリーグ戦通算13試合に出場(フル出場は3試合)したが、無安打[3]に終わるなど打撃に課題があった。社会人の西濃運輸では1年目から正捕手の座を掴むなど急成長を遂げ、都市対抗野球8強入りに貢献。大会中一度も盗塁を許さなかった[4]2017年ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから7位指名を受け入団。ヤクルト入団後の合宿所には将棋盤を持参して入寮した[5]

プロ入り後[編集]

2018年、4月25日の対阪神タイガース戦で9回表に守備についてプロ初出場を果たすと、4月29日の対読売ジャイアンツ戦では初の先発マスクで石川雅規とバッテリーを組んだ[6]。しかし、5月3日には出場選手登録抹消となり1軍定着とはならず、6試合の出場にとどまった。

2019年は、8月24日に出場選手登録されると同日の阪神戦でプロ初安打を記録した[7]。その後に正捕手の中村悠平が登録抹消されたことで、先発出場の機会を増やし、9月22日の巨人戦ではプロ初本塁打を放った[8]。シーズンで33試合に出場し、打率は.212に終わったが、盗塁阻止率は.545と強肩を見せた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 ヤクルト 6 5 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2019 33 73 66 5 14 1 0 1 18 4 0 0 3 0 3 0 1 9 2 .212 .257 .273 .530
2020 6 14 13 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .231 .286 .231 .516
通算:3年 45 92 84 6 17 1 0 1 21 4 0 0 3 0 4 0 1 14 2 .202 .247 .250 .497
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2018 ヤクルト 5 21 1 0 0 1.000 0 2 1 1 .500
2019 29 158 12 0 0 1.000 0 11 5 6 .545
2020 6 29 1 0 0 1.000 1 3 3 0 .000
通算 40 208 14 0 0 1.000 1 16 9 7 .438
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

  • 初出場:2018年4月25日、対阪神タイガース4回戦(松山中央公園野球場)、9回表に捕手で出場
  • 初先発出場:2018年4月29日、対読売ジャイアンツ5回戦(東京ドーム)、8番・捕手で先発出場
  • 初打席:同上、2回表に田口麗斗から三邪飛
  • 初安打:2019年8月24日、対阪神タイガース19回戦(明治神宮野球場)、6回裏に能見篤史から中前安打
  • 初打点:2019年9月6日、対読売ジャイアンツ21回戦(明治神宮野球場)、8回裏に田口麗斗から投前犠打野選
  • 初本塁打:2019年9月22日、対読売ジャイアンツ23回戦(明治神宮野球場)、7回裏に鍵谷陽平から右越2ラン

背番号[編集]

  • 32(2018年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]