松本重威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 重威(まつもと しげたけ、1873年明治6年)8月12日[1] - 1947年(昭和22年)1月30日)は、日本の大蔵官僚錦鶏間祗候

経歴[編集]

福島県出身。1898年(明治31年)、東京帝国大学法科大学を卒業し、高等文官試験に合格した。司税官、大蔵書記官専売局事業部長、大蔵省主税局長を歴任した。

1923年大正12年)4月6日に退官し日本興業銀行副総裁に就任[2]。その後、1924年(大正13年)1月24日に錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3]。墓所は護国寺共葬墓地。

脚注[編集]

  1. ^ 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『官報』第3203号、大正12年4月7日。
  3. ^ 『官報』第3426号、大正13年1月28日。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年