松村保広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松村保広
(まつむら やすひろ)
生誕 1955年1月20日
日本の旗 熊本県人吉市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 熊本大学
国立がん研究センター
出身校 熊本大学医学部卒業
主な業績 がん組織における高分子薬剤の血管透過性・滞留性亢進(EPR)効果の発見
主な受賞歴 #学術賞参照
プロジェクト:人物伝

松村 保広(まつむら やすひろ、1955年1月20日 - )は、日本医学者国立がん研究センター先端医療開発センター 新薬開発分野 分野長を務める[1]熊本県人吉市出身[2]

業績[編集]

1986年に高分子薬剤が選択的にがん局所に留まりやすい現象である「EPR効果Enhanced Permeability and Retention effect)」(en)を、前田浩と共に提唱した[3]。また、がん間質にデリバリーし、不溶性フィブリン上で抗がん剤をリリースして、がんと腫瘍血管両方を攻撃するがん間質ターゲティング(CAST:“CAncer Stromal Targeting)療法を開発した[4][1]

略歴[編集]

  • 1981年 - 熊本大学医学部卒業、第一外科[1]
  • 1984年 - 同微生物学教室大学院[1]
  • 1988年 - 医学博士号取得
  • 1989年 - 米国Mt Sinai医科大腫瘍内科[1]
  • 1990年 - 英国オックスフォード大学Nuffield病理[1]
  • 1994年 - 国立がんセンター中央病院内科医員[1]
  • 1999年 - 同特殊病棟部 医長[1]
  • 2002年 - 国立がん研究センター 研究所支所 がん治療開発部 部長[1]
  • 2005年 - 国立がん研究センター東病院 臨床開発センター がん治療開発部 部長[1]
  • 2012年 - 国立がん研究センター東病院 臨床開発センター 新薬開発分野 分野長[1]
  • 2015年 - 国立がん研究センター 先端医療開発センター 新薬開発分野 分野長[1]

学術賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]