松村優樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松村 優樹 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 松村 優樹
ラテン文字 Yuki Matsumura
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 Honda
大学 順天堂大学
出身地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
5000m 13分56秒07
10000m 28分44秒29
ハーフマラソン 1時間02分44秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

松村 優樹(まつむら ゆうき 1993年1月14日- )は静岡県浜松市出身の陸上競技選手。専門は長距離走浜松日体高校順天堂大学卒業。現在HONDA陸上競技部に所属。愛知製鋼陸上競技部所属の松村和樹は双子の弟。

経歴・人物[編集]

  • 弟の松村和樹とは浜松日体高校時代、順天堂大学時代と同じチームに所属していた。弟の和樹は陸上をはじめたきっかけの1つとして、兄の優樹が中学時代にやっていたことをあげている。[1]
  • 大学4年時の日本インカレでは10000mに出場し、4位入賞を果たした。(記録:29分05秒80) [2] 同じく大学4年時の全日本大学駅伝では、大学駅伝最初で最後となる和樹との双子タスキリレーが実現した。(和樹7区5位→優樹8区9位)
  • 2015年、大学卒業直前の3月1日にホノルルマラソンの姉妹レースである三浦国際市民マラソンに出場しハーフマラソンの部で優勝。10キロの部で優勝した和樹と双子でのアベック優勝となった。 [3] 大学卒業後は弟・和樹と袂を分かち、HONDAに入社した。(和樹は愛知製鋼に入社。)
  • HONDA入社1年目の11月に開催された東日本実業団駅伝(2016年全日本実業団駅伝の東日本予選)では最終7区を担当。2位でタスキを受け取ったものの、首位の日清食品グループ・元村大地とは中継所の時点で52秒の差があり逆転は不可能かと思われた。しかし、松村は徐々に差を詰めていき、ゴールの競技場直前で先頭に追い付き、最終的にそのまま突き放しゴールテープを切った。HONDA5年ぶり5回目の優勝を決定づけた松村はMVP賞を獲得した。 [4]2016年元日の全日本実業団駅伝本戦では3区を担当し、愛知製鋼の3区にエントリーされた弟の和樹との直接対決が実現した。結果は優樹が区間10位(38分56秒)、和樹が区間18位(39分32秒)であった。[5]
  • 同学年の双子の長距離ランナーに村山謙太村山紘太兄弟、市田孝・市田宏兄弟がいる。松村兄弟も同じ双子として双子ランナーにはライバル意識を持っており、ほかの双子には負けたくないと語っている。[6] ちなみに、松村兄弟は大学で同じチーム→実業団で別のチーム、村山兄弟は大学で別のチーム→実業団で同じチーム(謙太:駒澤大学・紘太:城西大学旭化成)、市田兄弟は大学・実業団ともに同じチーム(大東文化大学→旭化成)と双子の歩む道は三組三様である。

自己ベスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1] 愛知製鋼陸上競技部:松村和樹
  2. ^ [2] 男子 10000m 決勝
  3. ^ [3]これまでの記録 - 三浦国際市民マラソン
  4. ^ [4] 東日本実業団駅伝:52秒差逆転 アンカー勝負Honda - 毎日新聞
  5. ^ [5] 今年度記録|全日本男子駅伝|一般社団法人日本実業団陸上競技連合ホームページ
  6. ^ [6] 双子の松村、順大引っ張る : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  7. ^ [7] 松村優樹 | SPORTS | Honda