松村憲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松村 憲章
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県阿南市加茂町
生年月日 (1951-05-03) 1951年5月3日(67歳)
身長
体重
179 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト10位
初出場 1972年10月8日
最終出場 1978年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松村 憲章(まつむら のりあき、1951年5月3日 - )は、徳島県阿南市加茂町出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

徳島商では1年生の秋からエース。1967年の秋季四国大会決勝で高知商を破り、翌1968年春の選抜への出場を決める。選抜では1回戦で佐賀工を完封するが、2回戦では杉山茂らのいた銚子商に0-1で惜敗[1]。同年秋も志摩輝夫(明大日鉱佐賀関)との二本柱で秋季四国大会決勝に進出。エース登記欣也を擁する帝京五高を降し連続優勝、1969年春の選抜に連続出場を果たす。1回戦で玉島商の松枝克幸(法大-西川物産)と投げ合うが、延長10回サヨナラ負けを喫する[1]太田幸司三沢高近鉄)、西井哲夫宮崎商-ヤクルト)とともに高校球界三羽ガラスとして鳴らした。

1969年ドラフト会議アトムズから10位指名を受け入団。1976年に中継ぎで11試合に登板するが、その後は登板機会に恵まれず1979年限りで引退した。

入団してから3年間はストレート1本で通してきたが、4年目からは3種類のカーブをマスターした。他にシュートボールを武器にした[要出典]

1971年二軍イースタン・リーグでのロッテオリオンズ戦で、100m走日本記録保持者のプロ野球選手として名を馳せた飯島秀雄のプロ野球唯一の打席の対戦相手となり、飯島を三球三振に仕留めたとする文献があるが[2]宇佐美徹也は著書で飯島の相手投手は成田昇であると記載している[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 14 3.0 3 0 2 0 0 1 0 0 3 3 9.00 1.67
1976 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 68 18.0 12 2 3 0 1 17 1 0 7 7 3.50 0.83
1977 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 4.0 4 0 2 0 0 2 0 0 3 3 6.75 1.50
1978 4 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 24 5.2 5 2 2 0 0 3 0 0 6 6 9.00 1.24
通算:4年 18 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 124 30.2 24 4 9 0 1 23 1 0 19 19 5.52 1.08

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1970年 - 1975年)
  • 46 (1976年 - 1979年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ “日めくりプロ野球4月 【4月13日】1969年(昭44) 世界初の代走屋・飯島秀雄 デビュー戦で初盗塁”. スポーツニッポン. (2008年4月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/professional_bbd0804/kiji/K20080407Z00001930.html 2018年2月17日閲覧。 
  3. ^ 宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑 <昭和11年 - 平成4年>』講談社、1993年、p.716

関連項目[編集]