松村武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松村 武雄(まつむら たけお、1883年(明治16年)8月23日 - 1969年(昭和44年)9月25日)は、日本の神話学者

経歴[編集]

熊本県生まれ。旧制熊本中学校旧制第五高等学校[1]を経て、東京帝国大学文科大学英文科に進学[2]。英文科在学中から神話研究を志し、卒業論文も神話をテーマに選んだ。1910年、大学を卒業[3]し、大学院へ進学。

1919年、東京帝国大学文学部の講師となる[4]ギリシア神話の講義を担当。1921年、論文『古代希臘の文化に現れたる神々の宗教的葛藤の研究』により、文学博士学位を授与される[5]1921年旧制浦和高等学校英語教授として勤務。同年、國學院大學に招かれて神話学を講義。1922年、海外研究員としてヨーロッパ各国に留学し神話研究に没頭。

1947年、著作『神話学原論』に対し、恩賜賞を受ける。1958年著作『日本神話の研究』に対し、朝日賞を受ける。この後病床に伏し10年間ほど著述活動ができなかった。

著作[編集]

  • 『支那神話伝説集』(1927年、昭和2年、近代社 <東京牛込>)
  • 『神話学論考』(1929年、昭和4年、同文館)
  • 『民俗学論考』(1930年、昭和5年、大岡山書店)
  • 『北欧神話と伝説』(1933年、昭和8年、趣味の教育普及会)[6]
  • 『ドイツ神話と伝説』(1933年、昭和8年、趣味の教育普及会)[7]
  • 『フィンランド・セルヴィア神話と伝説』(1933年、昭和8年、趣味の教育普及会)[8]
  • 『神話伝説支那五千年』上・下(1938年、昭和13年、天松堂)[9]
  • 『インド・ペルシヤ神話と伝説』上・下(1939年、昭和14年、大洋社出版部)馬場吉信と共編[10]
  • 『神話学原論』上・下(1940年 - 1941年、培風館)
  • 『古代希臘に於ける宗教葛藤』(1942年、昭和17年、培風館)
  • 『宗教及び神話と環境』(1944年、昭和19年、培風館)
  • 『日本神話の実相』(1947年、培風館)
  • 『神話と歴史』(1947年、東海書房)
  • 『言語と民俗』(1948年、昭和23年、東海書房)
  • 『儀礼及び神話の研究』(1948年、培風館)
  • 『日本神話の研究』全4巻(1955年 - 1958年、培風館。1983年に再版)
神話学名著選集ゆまに書房。全26冊の内11冊 2003年-05年
上記の大半と『希臘神話の新検討』、『神話学者の手記』を加えて刊行。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第五高等学校編 『第五高等学校一覧 自明治41年至明治42年』 梅田平次郎、1908年、165頁。 
  2. ^ 『官報』第7292号、明治40年10月18日、p.467
  3. ^ 『官報』第8117号、明治43年7月13日、p.294
  4. ^ 東京帝国大学編 『東京帝国大学一覧 從大正8年至大正9年』 東京帝国大学、1920年、622頁。 
  5. ^ 『官報』第2715号、大正10年8月18日、pp.498-499
  6. ^ 松村武雄 『北欧神話と伝説』 (重版版) 趣味の教育普及会、1935年 [1933年]http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717913/403 
  7. ^ 松村武雄 『ドイツ神話と伝説』 (重版版) 趣味の教育普及会、1935年 [1933年]http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717912/367 
  8. ^ 松村武雄 『フィンランド・セルヴィア神話と伝説』 (重版版) 趣味の教育普及会、1935年 [1933年]http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1717911/393 
  9. ^ 松村武雄 『支那五千年 : 神話伝説』 天松堂、1938年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1449860 
  10. ^ 松村武雄編 『インド・ペルシヤ神話と伝説』 大洋社出版部、1939年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1719792 

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 大林太良「松村神話学の展開:ことにその日本神話研究について」『文学』39: 1366-1376頁、1971年。

関連項目[編集]